2014年3月14日金曜日

もう少し考えてから行動するべきだった。

夢の中で暴徒に追い立てられて逃げ込んだ豪華客船の中で、乗客によって捕らえられそうになってしまったので、「何かがおかしい、これは夢だろう」と思って気合いを入れる事によって起き、危機を回避して安堵したのだけれど、冷静になって考えてみれば、僕が生きる現実の日常はあの船よりもずっと悪いものだった。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。