2010年4月29日木曜日

真性引き篭もり : 空中分解

dDreamからミゲルとアンゲルが噂通り離脱。
欧州のトッププレイヤー8人が浮いてしまった。

dDreamとニルヴァーナ.intの両極が空中分解。しかも両チームともに、ESWC向けの再編成とかではなく、文字通りの空中分解。もうそれこそ電撃的にkurokyとLodaがくっつけばなんの問題も、と思うんだけれど、それをやってしまうと今度はAZEN、pgg、パジャキャットの3人が不憫で不憫で・・・。ESWCまでになんとか「ワンマンチーム」ではない欧州チームが出来て欲しいけれど、間に合うんだろうか。

2010年4月28日水曜日

真性引き篭もり : もうちょっとだけ続くんじゃよ

空中分解してF4Fのシーズンプレイオフ枠や分裂原因を巡り凄惨な罵り合いを繰り広げていたニルヴァーナ.intだけど、F4Fのシーズンプレイオフは元のメンバーで戦うらしい。どちらの肩を持つわけではないけれど、「フィアーやデーモンって、一体何時の名前だよ」というがっかり感を抱かされた身からすれば、そもそもフィアーやデーモンと合体したのが間違いだったとしか思えない。kurokyが本気であの時点からアジアに勝ちに行くならば、Lodaとの合体以外に手はなかったように感じる。メンバー的にもチームワーク的にも成熟しきったアジア(とくに中国)の試合内容を見ていると、「欧州筆頭二人」を同じチームに入れる以外に勝機は無い気がする。こんだけ絶望的な戦力差とチーム成熟度の中で、欧州勢がESWC取ってしまったら、それこそ大変な出来事だけれど。一応、1試合だけとはいえdDream 対 ニルヴァーナ.intが見られるというのは吉報ではあるけれど、もう五月。プチグッドニュースとしては、パジャキャットがkurokyと合流するみたい。これだけは良かった。とりあえず、「ニルヴァーナ.intよりは強くなった」という気はする。ここにAZENが居ればなー、というところだけど。国籍バラバラだけど、予選は出られるんだろうか。国籍のせいで加入はしたけど控えメンバーとかだったら、それこそパジャキャットが不憫で不憫で。



あの衝撃のKuroKyをもう一度。

真性引き篭もり : 全部頭痛が悪いんだ

そういう事にしておけば都合がいいよねw

真性引き篭もり : もうだめだ

もうだめだもうだめだと思うだけで、思うだけで全て。なにを思おうが何を考えようが、そんなのはどうでもいいことで、、ああ。憎い。憎い。

2010年4月26日月曜日

真性引き篭もり : 季節

季節の変わり目なので、体調を崩しました。震えながら腹を押さえて丸くなります。この一年、ひとかけらの幸せもありません。それより前は覚えていません。

2010年4月24日土曜日

真性引き篭もり : 頑張らなければいけない。

頑張らなければいけない。頑張らなければいけない。胸が痛む。頑張らなければいけない。同じこと、同じこと、毎日繰り返して草臥れて行くのはもうごめんだ。けれども今更頑張って何になるというのだろう。自分がたとえば努力をしてその結果、何かを手に入れるのが憎い。自分と、自分以外の全てが今では全て憎いけれども、とりわけ自らに対する憎悪だけは何を持っても埋め難い。おまえのせいだ。全部おまえのせいだ。おまえのせいでみんな滅茶苦茶になったんだ。他ならぬお前のせいでそうなったんだ。憎い。とにかく憎い。それでも頑張らなければいけない。頑張らなければいけない。同じこと、同じこと、毎日繰り返すのはもうごめんだ。頑張らなければいけない。とにかく、とにかく。憎い。もう全部手遅れだ。

2010年4月22日木曜日

真性引き篭もり : 悲運パジャキャット

ロシアが誇る最強のバカプレイヤーAzenがニルヴァーナ.intに加入するというニュースと、唯一思い入れのあるロシア人プレイヤーpggがkurokyと合体するというニュースを、それぞれ別々に耳にしたならばそれは胸躍る出来事なんだけれど、kurokyとpuppeyがニルヴァーナを離脱してしまっちゃあ元の木阿弥じゃん。しかし、Azenと合体しそうな雰囲気があったKurokyが、まさかpggと合体してしまうとは・・・。気配すら無かったのに。

puppey
pgg
BLOWA
SMILE
kuroky

けれども、これ、チーム力が向上しているようには見えない。kurokyの出来が全てのチームから、kurokyの出来が全てのチームへ移籍しただけ。smileとBLOWAなんて、viggosのチームメイトだったよね・・・くらいしか言える事は無いし。確かBLOWAは前を任せられるプレイヤーだった気がするので、kuroky、pgg、BLOWAが前か。メリーニよりは良くなってるのかどうかすらも、4~5ゲームガチを見てみないとわからない。AZENかパジャキャットが欲しかったなあ。

そういえば、パジャキャットが不憫すぎる。問答無用にエースを張るだけの力量があって、スウェーデン人にも関わらずAzen、pggと組めるなば世界に手が届く可能性があるとロシア入りしておきながら、その中核たる2人が抜けてしまうとか、本当に不憫。

なにより一番残念なのは、間近に迫るF4Fのシーズンプレイオフ。ニルヴァーナが出場権を持っているけれど、kurokyとpuppyという主力2人が抜けてしまったニルヴァーナに一体何が出来ようか・・・。一気に興味がそがれてしまった。移籍人数によっては権利引き継ぎもありうるけれど、残留4人、移籍2人だから、kuroky側に権利は回って来ないだろう。

それにしても、「デンマーク語はさっぱりなので離脱します!」とMYMを離脱して英語圏のお友達とくっついたkurokyが、「USAとは時差があるので離脱します!」と入露とは。もう迷走しているようにしか見えないよ。けれども、なんとなくLodaに勝ちたいんだろうという気持ちだけは伝わってくるので、モチベーションkeepされているようで何より。ESWCはロシア枠での出場を目指す、って事でいいのかな。一応2枠ある上にDTSはウクライナ枠を選ぶようなので、出場自体は固そう。世界中がkuroky&Loda vs 中国/シンガポール/マレーシア勢とのガチを待ち望んでいるので、出てきてくれないと世界が泣く。つーか、eswcにどの位のnameが集まるんだろうか。今のところ、ちゃんと集まるかどうかも不安。

もう少し時期が良ければ

AZEN
pgg
kuroky
puppey
パジャキャット

とかあり得たのに。これなら、dDreamどころかアジアにも勝てそうだったのに。パジャキャットが不憫でならない。

2010年4月18日日曜日

真性引き篭もり : 前へ前へ

とにかく前へ撃たれて死んで前へ前へ

真性引き篭もり : 春から目をそらすな

誇るべき物も、守るべき物も、成すべき事も、全て無い。
醜態を晒すか、晒さぬかの選択肢だけがこの人生。

2010年4月13日火曜日

2010年4月11日日曜日

真性引き篭もり : 4-26から勝った。

スコアは4-26で、タワーは1本-5本で、おまけにエースプレイヤーの質でも劣ってて、20分経過してtreadすら買えておらずにへこんでてテンションガタ落ちどころの騒ぎじゃなかったのに、7回pushして7回成功とかKIバニ。超エキサイティングというより、むしろパニック。酷いゲームだった。死ぬまでは頑張って生きねば。

2010年4月7日水曜日

2010年4月2日金曜日

真性引き篭もり : 気がつくのに20分かかった。

かかりすぎだ。「なんで2人いるの?」とか「どっちが本物?」とか真剣に見入ってしまった自分が悲しい。