2009年11月30日月曜日

2009年11月29日日曜日

真性引き篭もり : 風はfunaticに。

sGtyは、予選から3 carryを徹底していた。
おそらく、これだけを練習し続けていたんだろう。

WC3で「orc は BMの1オーダーだけ練習すればいいんだから楽でいいよな」というToD(ら)の愚痴を体現するような、一本槍の3 carry+2 潰れ役だった。3 carry + 2 潰れ役から外れたpickは、1ゲームとして無く、プレイヤーもほぼ固定。pickがシンプルすぎるせいで、pick負けban負けが存在せず、これひょっとして流行るんじゃないか、というくらい強かった。特にGrand final2本目のpickはStunが Tide の ult しか無くnuker無しという、正に今大会のsGtyのワンパな強さが最大限に発揮された良ゲームであったと思う。sGtyのpickは、現在のメタでは野試合でも見る事の出来ない異色のpick。ここに来て gang 全否定、 アホcarry 全肯定、killの意志なくfarmだけをし続けるチームがこれほど見事に勝ちきってしまうとは。

losersに回った一敗は、潰し役に gt をpickして4v5になってしまうという完全なpickミスだったので、実質1戦術で全勝くらいのインパクト。その負けを除けば一見すると拮抗しているかに見えた展開でも完全にメタ勝ちしており、危ないゲームすら無かった完全優勝。これ下手したら欧州再編まであるかも。

strom、bat、rk、ursa等、来るのではないかと予想されていたヒーローは全然で、sGtyの大黒柱はここはpubかと突っ込みたくなるくらいの問答無用のsfでした。というか、Loda missry miracleって、あんなに色々悩まずに素直にこれをやれば良かったんじゃ……。あれ?これひょっとして、funatic行けるんじゃ……。

真性引き篭もり : 地球が鶴見区ぐらいの大きさだったならば

特に黎明期、転換期において、偉大な誰かが強行軍で地球半周の長旅をしなければいけない、というEスポーツ的やるせなさを突き詰めると、「光が遅いのが悪い。」とか「地球が大きいのが悪い。」という所に終着してしまう。もし仮に、地球が鶴見区ぐらいの大きさだったならば、MYMの勝利は揺るがなかった。

2009年11月28日土曜日

真性引き篭もり : 前進することを見た。

前進することを見た。
前進しなくても誰も困らない。
前進しても何1つ得られない。
前進することを見た。
それは、前進しただけだった。

真性引き篭もり : 雑記後編。

KuroKyの立ち回りもmicroも奇跡的なまでに酷い。もう逆にグループリーグ敗退でいいよ、という気持ちが芽生えてしまうくらい疲れてそう。現在11-10。cs的には相当差があるけれど、相手はdusaとspecが悪くなく、sandがdaggerを持ってしまっている。MYMはsolo midのangleがこれまた信じられないくらい悪くて、勝ち筋が全く見えない。仮に勝ってグループリーグ突破しても、このコンディションでksとやらせるのは酷だ。angleは23時間、Kurokyですら18時間とか。でいきなりshow matchさせられた上に14時間にわたって拘束されて8試合とか酷すぎる。
----


----
11-12
相手のspecがrelicもうすぐ。MYMは全員ガタガタ。マジで勝ち筋が見えない。
----


----
30分時点。
KuroKyとAngleは文句なしに太ってはいるけれど、勝ち筋の見えない太り方。
これはもう無理なんじゃないか。泥試合してClear teamくらいしか勝ち筋が見えない。
Rad持ったspecとdaggerを持ったpuckとSK。正直もう詰んでしまった感じがする。
----


----
17-18。
Angleがすんでの所で繋ぎ止めている。頼みは欧州一の優しさだけ。
ただしODなので、puckのsilenceとBKBで天王山を落としそうな予感が。
----


----
18-23。
clear teamを被る。終わった。
針鎧張ったspecにesとlionのultがhit(おそらく)。
specとSKがdotで逃げ切り外堀埋まる。MYMの勝ち筋は完全に消えたか。
----


----
roshan clear。
spec aegis。
詰んだ。
あとは剥がされて終わる。
----


----
終わった。
もうどうしようもない。
-----


-----
お疲れ様でした。
1つ言うならば、pick負け。
-----


-----
ルール確認中。
2勝2敗で並んでると思うので、おそらくは直接対決の結果で敗退決定か。
----


----
crashed out of the tournament
お疲れ様でした。
----


----
ちょっと言葉が出ない。

puck wl spec sand medusa
zeus lion coco es od
記憶が不確かなので自信がないけれど、pick順も上の通りだったはず。
死のグループとは聞いていたけれど、初戦のmicon sammonが無ければ……。
----


----
呆然。
各地お通夜ムード。
お疲れ様でした、としか。
----


----
この距離を前日入りして勝つのがどれだけ困難か解ってない人が多すぎて絶望する。
----


----
asdasd
----


----
アジア最強のctにショウマッチで勝ってるんだから距離考えればMYM優勝。
----


----
敗因1,puckとpotmを奪われたangle。
敗因2,低評価が固まりつつあるcocoのpick。

1。
これは仕方がない。少なくともpotmに関しては欧州一か、それ以上の実力があるとバレてしまっているんだから、banされるのは当然。同様にpuckも消されてしまうのはやむを得ない。問題はangleの3rdヒーローで、angleの志向からすればqop、silencer、odくらいしか残っていない。型に固執せず、変えても良かったのでは。lrやmorpが残っていたはず。

2。
消去法での弱気なpick。


要するに、「全員に得意ヒーローを分配した」という以上のpickが出来なかった。でも、こうして負けると「MYMってそういえばこういうチームだったな」というのが確認できた。mym伝統のint固執で負けた、と言ってしまえばそれまでか。そういえばmymの負けパターンはint固執のagi range負けだった。そうだった。滅多と負けていないから忘れていたけれどそうだった。そういや、medusa効いてたな。困惑、意気消沈、一日追いかけて疲れた。
----


----
全員無事に帰国してくれればそれで十分。ゆっくり寝てください。
----


----
本当にお疲れ様でした、としか。スケジュールに全く余裕が無くて強行軍確定だったのに、dream hack蹴って来ただけでも世界は前に進んだわけで。

真性引き篭もり : 遙かアジアでmicon summon。

MYMが初戦でmicon summonして負けたらしい。つい先日funaticにmicon summonで首の皮一枚まで追い詰められたのがトラウマにでもなってたんだろうか。spider、cm、naと、ban漏れ自体がおかしい人達を悉く取られてるのが気になる。spider、cm、na、puck、morp 対 vissage、beam、lycan、chen、vsってmicon summon以前に、滅多と見ないくらいのpick負け……。「NCのpopが悪い」ってTwitter実況で書いてる人が居たけど、NCのpopでどうこうなる組み合わせじゃない。pick見てここまで絶望したのは本当に久しぶり。


banの情報が見つからないんだけれど、
panda、storm、rasta、sgまでは確定としてあとは、
ta、es、ursa、wl、ds、potmで10人。
meepo、tinker、kotl、plくらいまでか。
----


----
順調に勝ち上がれば足かけ14時間、九試合もやるのか。
----


----
リプレイ見たけどこれは。
「micon summonして負けた」
って、micon1つしか出来てないじゃん。
----


----
二位通過ならば、トーナメント初戦はkingsurf。
よりによって9試合目がksとは。ベストコンディションで見たいよ。
----


----
グループリーグは5チームなので、9試合ではなくて8試合だった。ここから7連戦。
昨日のshow matchは奇跡的な大逆転でct(アジア最強の一角)に勝ったらしい。
冷静に考えれば、micon summonなんてやったのは、手の内を少しでも隠したかったからか。
----


----
13:20: Kuroky's computer just got blue screen,
the game between MYM and SINO will be reloaded.
眠るタイミングが……。
----


----
KSのyamateHが猛威を振っている。qopで13-0とか凄い既視感。ウクライナがこの人にやられて「アジアやばい」ってなって直後に主立った人達が討ち死にしたりして、「なんかアジア無理っぽい」みたいな空気になったのは何年前だっけ。欧州では全く見かけないpick(Lion、Lina、TS、qop、vs)だった。banはzeus、panda、storm、TC、spider、tide、na、ds。TCのbanはおそらくだけれど、人読み。qop猛威って、もの凄い古い話のような感じがする。バージョン6.64なのにラストピックでqop引いてgod like。
----


----
yamateH、0-0-0の18minでrelic2枚持ってる。酷い舐めプ。
----


----
地球の裏側からMYMを呼んでおいて、女性チーム代表枠なんてものがあるのどかな大会。
----


----
このがっかり感の敵を是非MYMに。
----


----
なんてガチリプ率の低い大会なんだ。
どのグループも舐めプのオンパレード。

2009年11月26日木曜日

真性引き篭もり : 私を不信にさせた人達へ。

一番古い記憶は3歳の夏に手を洗おうと並んでいると「割り込んできた」と言われ、あまつさえ押したとまでされた事である。抗弁しても誰も信じず、そればかりか尻馬に乗って何やら言われる始末で、これには酷く落胆し、少なくとも5年くらいは引き摺っていたような記憶がある。大人などは純粋無垢な振りをしていれば勝手に満足するのだと割り切れるまでにそれくらいかかった。この人生においてifというものを無理矢理に考えると、あれさえなければ僕はもう少しまともな人間になっていたのではないかと思う。何故そのように思うかというと、詰まるところ、僕はあの落胆からただの一歩も踏み出せていないのである。人としての成長というものが、完全にあそこで止まっているのである。それから数日の後に二階でクッキーを食べた事、海に行く予定を体調不良で潰した事、貧相な肝試しにたいへん怯えて泣いたことなど、たいへんよく覚えている。それもこれも、濡れ衣から来る不信があまりにも重く、それがトリガーとなって全て覚えているのである。そして、一番の問題は、未だにそこから抜け出せていない。あまりの幼稚さに反吐が出る。それからどれだけ進んでも、不信にさせた人達の事ばかりが記憶に焼き付いている。ネガティブな他人のことばかり、はっきりと思い出す事が出来る。そこを抜け出すには、つい最近まで進まねばならない。つい最近になり、僕を不信にさせる人は、我が自ら僕だけになった。昨日も、一昨日も、不信ばかりが募る。自分の信じる心を踏み躙り、勇ましさを叩き折り、無残にも醜態を晒させているものは、疑いようもなく、この僕自身である。一切の弁解も、一切の憤りも今では必要無い。事実だけがあるのだ。他ならぬ自分自身が。

真性引き篭もり : 必要の無いものから離れること。

必要のないものから離れ、大切なものだけを身近に残し、有意義な人生を歩まんと志す度に、自分には必要のないものしか残っていないという現実を突きつけられ、その苦しみから、悔しさから、必要の無いものに頼り縋ってしまうこと幾千度。この果てしない愚かさから逃れる唯一の術は、必要のない闇を抜け、大切なものを掴み取り、それを心に握りしめて歩いて行くより他に無い。その不可能に、ぞっとする。

2009年11月25日水曜日

2009年11月24日火曜日

2009年11月22日日曜日

真性引き篭もり : 大工ではない。

平日に大工をすれば大工。
休日に大工をすれば日曜大工。
平日休日を問わぬ大工はそれはもう、もはや大工などではない。

2009年11月19日木曜日

真性引き篭もり : 人生を大切に。

全長百キロメートルの長良川のただ2ミリメートルだけを差し、これが長良川であると言うはかなりの無理がある。僕の人生もまた同じように、ただこの2分を取り出して、これが長良川であると言うにはかなりの無理がある。人生を大切にして生きたいと思うのは山々であるけれど、積み重なった今日までの日々は、あきらめと罪悪感だけを残して去った。2009年の19日を生きるに値しない僕に差し出されたこの一日を、笑顔で喜ぶ食欲はない。自分の人生を大切に出来ない。もはや手遅れである。それならば、他の何かを大切にするしかあるまい。他の何かを。一体何を。

真性引き篭もり : 自分に失望すること。

生ぬるさに安住する自分に、大変な憤りを感じる。腹が立つ。カリカリしている。ピキピキ来ている。その怒りはごもっともである。お怒りになられるのは当たり前である。怒って当然の体である。けれども、その怒りが、具体的に何に向けられているのかを、あまり考えずに生きてきた。毎日毎日不機嫌に、プンスカ怒ってカッカしてはいたものの、何に怒っているのかについて、考える事から逃げてきた。いや、別に逃げてきたわけではない。怒りが先に立ってしまい、考える事すら出来なかったのである。頭に来て、頭に来て、冷静さ完全に失っていたのである。

これではいけない。
これではいけない。

この怒りが、一体、何に向けられた怒りなのかを、少し座って考えてみた。
そうして出た答えが、「生ぬるさに安住する自分に対する怒り」である。
そして、その「生ぬるさ」の正体が、「自分に失望すること」だと分かり、
少し座って考えて良かったと、少なからぬ満足を得た。けれど怒りは収まらない。

自分自身に失望することに安住する自分。
これが腹を立てずに居られるだろうか。

少し前の僕であったならば、自らに対する失望などに、安住したりはしなかっただろう。少しでも自らに失望したならば、その失望から逃げださんと、必死に藻掻き、必死に足掻き、懸命に何かをたぐり寄せようと、淵に潜む巨大な水棲妖怪の如き得体の知れぬ前進をしただろう。それが今では完全に失われ、自分自身に対する失望の中に安住し、その生ぬるさの中で一日の安息を得て、1つ自らに失望しては、「ああ、私の人生はこのようなものなのです。」とまるで開き直り、失望し、安住し、ぬくぬくとどの面下げて暮らし、その上でカリカリ怒っては、不機嫌に口を結び、腹が減ったと飯を食い、眠くなったと眠る、憎い憎い、ひたすらに憎いこのような生活を繰り返しているのである。安住を、自分を、失望を、それら全てを捨て去り、未練を断ち切り、プライドをかなぐり捨てて、自動ドアを突き破る盲目の猪のように、湖に突き刺さるブガッティヴェロンのように、何も守らず、何も保持せず、私利私欲全ての打算を捨ててただ走れ。走れ。

2009年11月14日土曜日

真性引き篭もり : 日記に書くことの無い人生。

音楽も聴かず、TVも見ず、電車にも乗らず、本も読まず、
道を歩かず、空を見上げず、週末を思わず、反省もせず。
日記に書くことのない人生を僕はもう随分と生きている。

2009年11月9日月曜日

真性引き篭もり : あめがふってきた!にげろー

「あめがふってきた!にげろー
 あめがふってきた!にげろー」
と有らんばかりの大声で歌いながら駆けて行く学童の足音を聞いた。

2009年11月8日日曜日

真性引き篭もり : これが八月ならば。

とても暑い日が過ぎて夕方、過ごしやすさにほっとしながら、これが八月ならばと冬を思う。

2009年11月7日土曜日

真性引き篭もり : 誰かを好きになるのには大変なエネルギーがいる。

誰かを好きなふりをしたり、あの人は素敵だと言ってみたり、色情にふけるのは簡単だけれど、誰かを心から好きになってしまうというのには、大変な偶然と、大変なエネルギーと、大変なタイミングが必要で、そんな大事件がこれから先、僕の人生に待ち受けているとは到底思えず、目が覚めて好きな人と同じ部屋で、あるいはせめて同じ世界で暮らして行けたら幸せだろうなと、叶わぬ生ぬるさに思いを寄せる。

真性引き篭もり : exciteブログ移転は頓挫。

exciteブログのインポート機能が期待に添わない出来だという事が判明したので、移転計画は白紙に戻る。次の移転先候補となると、Atomフィード形式と格闘しなければならない羽目に。自信がない。せめてさくらのブログのエキスポート機能がまともに使えるものだったならば、こんな苦労とは無縁でいられたのに。

2009年11月6日金曜日

真性引き篭もり : 春を待つ余裕も無い。

熱が下がらず汗ばかりかいて、口で息して寝て過ごし、お腹が空いて朦朧として、調子に乗ってうどんを食べて、案の定消化できずに吐き気を堪えて、3月と10月には決まったように具合が悪くなる自分自身に情けなくなり、せめて気でも張り詰めればこんな風にはならないのではないかと思うけれど、切羽詰まった何かとはもはや無縁の生活に、具合が良くなるまではひたすら寝て過ごそうと思うけども心はやる。

真性引き篭もり : 中国語と英語を読んで過ごす一日。

>we really had our teamplay going
>and I am very happy
>and proud to be able to play with these guys in one team
KuroKyが言うと。KuroKyが言うと。



>华丽的新一代欧洲之王
正しく。



>恭喜他们
NOと思ってしまう辺りが。

真性引き篭もり : 凄いものを見てしまった。

衝撃的なものを見てしまいというエントリーを先日書いたけれども、その2000倍くらい凄いものを見てしまい放心状態。ラスト40分は1/2倍速で見たばかりか、途中で直視する勇気を失い一時停止してAlt+TABで目をそらし茫然自失で考え込んでしまった。現実の重さを思い知らされた。動悸が止まらない。凄いなあ。凄い。喜ぶべきか、悲しむべきか。ただ今は、youtubeで見たワンピースの主人公の「俺たち仲間じゃないか」の一言が喚起され、耳についてしまい離れない。

2009年11月4日水曜日

真性引き篭もり : 明日から頑張ろう。

明日から頑張ろうと思うとプレッシャーで眠れない。起きて頭が割れるように痛かったらどうしよう。上半身を起こす気力も生まれないくらいしんどかったらどうしよう。それ以上に、自らがまた堕落して頑張ろうという気すら失ってしまっていたらどうしよう。今はこんなにも明日から頑張ろう、明日から頑張ろうと思い続けているのに、明日の自分が信じられない。信じる事が出来ない。「明日も明日が最後」という日が何れは僕にも訪れるだろう。その時は、安心して眠れるんだろうか。その日くらいは自分を信じてあげられるんだろうか。

真性引き篭もり : 目が覚めて 2秒で折れる こころざし

寒さのせいじゃない。具合が悪いせいでもない。
ポジティブに考えれば、この2秒をどうにか出来れば。
けれども2秒じゃ、けれども2秒じゃ。

2009年11月3日火曜日

真性引き篭もり : まず眠る事から。

事を成すにはまず眠る事からだと、眠ろうとするけどそれが出来ない。
一直線に眠らずに頑張る事も出来なくて、迂回迂回で眠るも出来ない。
2時間ばかり懸命に眠ろう眠ろうとしたけれど、具合の悪さにしんどいしんどい口で息して喉涸れるだけ。敗北感に打ちひしがれて起き上がり椅子似登って書くエントリーの惨めなこと、惨めなこと。

2009年11月2日月曜日

真性引き篭もり : こころから安らぎを感じた瞬間。

★A組(勝ち抜けるのは1人)

中国 WE.Pepsi.TeD
  現役世界最強 Undead
日本 nemuke
  使用種族は不明だそうで。全世界は知らんと欲す。
日本 Enza
  4dn

★D組(勝ち抜けるのは1人)
韓国 SK.Lyn
  韓国最後の大物。
中国 WE.Pepsi.Infi
  一時はSky超えかとの声まで上がったHuman。
韓国 WeMadeFOX.SocceR
  WarCraftトッププレイヤーの中では最もStarCraft色の濃い細かくプレッシングな人。
橙色 EG.Grubby
  Grubby。

しんどくて眠る事すら出来ない。眠る事すら出来ないから、仕方が無しにインターネットをしているとこういう情報に行き当たってしまう。もう1年以上1リプレイも見ていないので、最近の力関係は不明だけれど、素人目にすら理不尽すぎる。理不尽ここに極まれり。これからの人生について不安に思うことはないけれど、これからの2時間に関してはとても不安で心細くていけない。大丈夫。これだけしんどくても、まだ過去最悪のしんどさよりはましだから、まだ大丈夫。まだ大丈夫。
----



----
negitakuでリザルト発見。Fly100%戴冠。これは凄い良かった。欲を言えば見てるうちに戴冠して欲しかったな。実力的にはあったと思うんだけれど。予選でmoonと同じ組なので無理だと思ってたけれど、1戦なのでMAP勝ちだったのか普通に勝ったのかが気になる。このルールだと、って感じの酷さ。なんか「リアル寄り」の「国際大会」はまったく成長してないな。特に個人戦部門。各国で予選して代表選んでそれ呼んで、って国籍不問のリーグが複数長期運営されているようなネトゲでやる事じゃない。

真性引き篭もり : 左腕が痛い。

普段痛くない所が痛むと、とても心細くなる。
頭ならあんなに痛くても、不機嫌になるだけなのに。

2009年11月1日日曜日

真性引き篭もり : 朦朧としているうちに夜が明けて行く。

久しぶりに本格的にしんどい。
季節の変わり目には必ず弱音を吐いている。
変わらずにずっと続けばいいのに。
そしたら元気でいられるのに。