2010年10月27日水曜日

真性引き篭もり : 場所だけでも移転。

やっとのことでインポートのめどが立ったので、横になる前に場所だけでも移転しておく。エキサイトブログは健康に悪い広告だらけで、ブログを書こうという意志をくじかれる。もちろん、それは大きな要因ではなくて、小さな要因なのだけれど、どんな小さな事でも万難を廃すという意志の元で、1つ1つ出来る事から丁寧に廃除していくのが筋である。

それにしても、「やっとのことで」と言いながら、作業時間がたったの15時間足らずとは全く以て心外である。何事かと思う。2年以上の苦心惨憺が嘘のようである。作業が捗るのは良いのだけれど、何によってWarCraft3がアンインストールされ、何によってそれが捗ったのかを思い出すと、あまりにもあまりにも心が重い。もう全てが手遅れではあるが、明日からは1つ良い。昨日よりは少し良い。しかしながら、明かである。

場所だけでも移転。

やっとの事でインポートのめどが立ったので、横になる前に場所だけでも移転しておく。エキサイトブログは健康に悪い広告だらけで、ブログを書こうという意志をくじかれる。もちろん、それは大きな要因ではなくて、小さな要因なのだけれど、どんな小さな事でも万難を廃すという意志の元で、1つ1つ出来る事から丁寧に廃除していくのが筋である。

これで、明日からは1つ良い。ここはシンプルで書きやすい。最初からここに移転しておけばよかったと言えば良かったんだけれど、トラックバックのインポートが出来ない所よりも、トラックバックのインポートが出来る所、という選び方をしたらトラックバックの存在しないbloggerはどう頑張っても残らない。一応トラックバックのインポートの出来る所を探そうという意志は未だある事はあるんだけれど、とりあえずもうここでいいやという感じはしているので、苦節2年やっとこさ移転のめどが立った。心理的には2年ではなく、ブロックブログの嫌がらせ以外の何物でもない閉鎖から数えねばならない。あれが無ければもっと何かできたのではないか、という思いは未だに薄れないけれど、それがあっても出来る事をやらずに生きてきたという、自責の念ばかりが先に立つ。もはやこの人生に、微塵の価値も残ってはいない。

2010年10月26日火曜日

真性引き篭もり : 動揺ループ

動揺すると衝動でアンインストールしてしまうのだけれど、アンインストールしてしまうとアンインストール後に残された現実に酷く動揺してしまい、インストールへの衝動が止まらなくなる。けれども無論、WarCraft3の残機は無く、動揺だけが残る。そこから抜け出せた事実を喜ぶべきだと言い聞かせるが、強く振動する不安感だけが残る。もう日本語も書けやしない。