2019年2月27日水曜日

DOTA AUTO CHESS、全ユニット短評付きtier list。

全ユニット短評。
勝率は40~50%のBishop3です。



「長い!要点だけ教えて!」「了解!」


◆初心者がわからん殺しされる序盤戦用。





◆戦うアイテム倉庫 Tier List


アイテムはユニットに装備させないと意味がありません。
「強いユニットにアイテムを装備させたい」
と、アイテムを誰にも渡さないのは悪手です。

アイテムはユニットを売却した際に回収出来るので、序盤~中盤用の、繋ぎのユニットにアイテムをとりあえず渡して、戦力の増強を図りましょう。未合成のユニットは元値で売却出来る為、損はありません。なお、装備品は上の6つしか効果を発揮出来ません。下の3つは装備効果が発生しないので、ユニットにアイテムを6つ以上持たせないように注意しましょう。



上位は武器を持たせてよし、
防具を持たせてよし、
マナ回復アイテムを持たせて良し、
かつ、気軽に売れて回収しやすい。



◆50gold溜めて維持しよう!


10goldにつき1goldの利子を、ラウンド毎に得られます。
50gold溜めて5goldの利子を得続ける。
それが勝利への近道です。

HPが0%にならない限り敗退しないので、
序盤の敗北は気にせず受け入れましょう。


◆ガチャはレベル7まで回さない。

レベルが上がるとガチャの品質が向上します。
私が本格的にガチャを回すのは、レベル8かレベル9です。













では、本題の短評です。
mirana、riki、dpが追加された、
2019年2月27日のバージョンです。







◆1goldユニット短評


・Bounty Hunter ★★★★★(R4~R10)

1goldユニット最強。速い攻撃速度から来る圧倒的な攻撃力と、アサシン属性による敵後方へのダイビング、そこから生み出されるマナ回復。そのマナにより放たれるcd5秒の致死性を帯びたダメージスキル。★2BHこそが序盤戦最強の1gold。スキルが単体対象ということもあり、中盤以降はその地位を大きく下げていくものの、それはそれ。1goldユニットなので、★2にしても元値で売れるし、とにかく見かけたら雑に作ろう。




・Clockwork ★★★★(R4~R10)

メック&ゴブリン、というだけの評価。このゲーム序盤は2gold最強のTimberと、1gold最強のbhを軸としたメックが最強なので、クロックワークの★★★評価は、クロックワークの性能に対しての評価ではなく、メック&ゴブリンに対する評価であると留意されたし。とにもかくにも、メック&ゴブリンなだけ。そのメック&ゴブリンの強さも、R10くらいで陰りを見せはじめる。オートチェスの序盤戦は、メック&ゴブリンを中心として展開される。ユニット性能は平凡だけれど、メック&ゴブリンなので★4です。




・Axe  ★★★★(R4~R20)

ほぼ完璧なタンク。orcシナジーを発生させることが出来れば、HPが増えるので、序盤の勝率が大きく上がる。axeの評価が高いのは、orc属性持ちの他ユニットが強いだけなのだが、それはそれ、これはこれ。序盤は取り得な、1goldユニット屈指の性能であることは確か。★3まで合成出来れば、ゲーム中屈指の拘束持ちになるものの、所詮は序盤向けでしかないorcという属性を持った1goldユニット。売却のタイミングは適切に。1goldユニットは★2にしても元値の3goldで売れるので、気楽に作って気楽に売ろう。




・Draw Ranger ★★★(R4~R35)

明確に強く、明確に弱い。★3の性能だけを見れば1goldユニット中最強格。相手のArmorを下げるアンデッド属性と、攻撃力が上がるハンター属性を持ち、属性シナジーも完璧。速い段階で★3になるとゲームが壊れる。実質★★★★なのだが、3goldユニットのsfと、5goldユニットのジャイロという、ゲーム中屈指の強ユニットがライバルとして登場する上に、同じハンター属性を持つビーストマスターの強さに引っ張られる形での強さので、泣く泣く★★★評価。実質★★★★。




・anti mage ★★★(R4~R15)

アンチメイジの致命的な弱点として、スキルは強いものの、殴った際にマナ破壊という特殊なパッシブであるが故に相手を選び、終盤の強いスキルを持った敵相手に有効かと思いきや、終盤は盤面のユニット数が増えるので狙ったスキル持ちを殴れない。さらに、★3にしてもHPが2000しかなく、終盤を生き抜く性能はない。



とは言え、強スキル持ちを偶然殴れた際の貢献度は果てしない。序盤に拾ったアイテムを全て持たせて、序盤の終わり際にユニットを売却してアイテムを回収する、所謂歩くアイテム倉庫としてはそれなりに優秀。★2を2体置いてもマナ破壊によって戦えたりする辺り、並の1goldユニットではない。




・Tinker ★★★(R4~R10)

メック&ゴブリンなので3点評価です。メック&ゴブリン、それだけ。メックシナジーにより生み出されるHP回復と、それなりのダメージスキルを持つ、射程を持ったタンク。下から4列目の最前線に配置してください。タンクなので。★3を作るメリットは皆無なので、間違っても★3を目指さないように。6ゴブリンに行く際にも、中盤はベンチに下げて他のユニットを使いましょう。




・Ogre magi ★★(R4~R10)

すぐに売る序盤戦要員。スキルが単体強化なので、ユニット数が増えれば増えるほどその地位が低下する。1goldユニットなので、★2を作っても元値の3goldで売れます。間違っても★3を作ろうなどとは思わないように。ガチャに2体並んだ際は確保しに行く価値のある、頼れる序盤戦要員。ただしあくまでも序盤戦。メイジ3じゃない場合は、R15までには必ず売りたい。





・Tusk ★★(R4~R15)

強くもなく、弱くもなく。★3を作れば終盤も戦えそうなのだけれど、所詮は1goldユニット。ウォリアー属性を持っているので、ウォリアーを3/6/9揃える時は、つなぎ要員としてどうぞ。最新のpatchでビースト属性の全ユニット攻撃力上昇が2/4/6で発生するようになったのは追い風。ビースト6による全ユニット45%攻撃力強化は、カタログスペック自体は強いのだけれど、ビースト属性を持つユニット自体が全体的に決定力を欠く為にR30を戦えず、★3を作るメリットは薄い。




・Shadow Shaman ★★(R4~R20)

弱いけれど、単体無効化であるhexというスキルが、数の少ない相手に強い。数が少ないというと、序盤戦とボス戦。ボス戦に勝てずアイテムが手に入らないのは凄く悔しいので、R10、R15、R20のボス戦勝率が大きく上がるのは一応のポイント。序盤★2が作れない時に、偶然★2が出来たら繋ぎ要員として使う程度。(4トロルは完成すれば強いので、その時はもちろん必須です)




・Enchantress ★(R4~R20)

盤面に長く残り続ける事で人々の記憶に残り、初心者のユニット評価を掻き乱す、悪名高い初心者騙し。絶望的な攻撃速度の遅さから来る攻撃力の低さ、短い射程、勝てる相手には圧倒的優位を生み出すが勝てない相手にはきっちり負ける遅い回復力、すぐに居なくなる耐久力、マナの溜まりの遅さなど、死に能力のエレクトリックパレード。勝てる相手に勝つ為のユニットでしかない。ただし、ドルイド属性を持っているので、「もはやこのガチャ内容だとドルイドでしか勝てない」という場合は★★★★★。なお、ドルイドラインナップであったとしても、★3の1goldユニットより、★2の4goldユニットの方が強いという事は決して忘れず、R25くらいで売りたい。エンチャントレス最大の長所は、2goldで作成して3goldで売れること。★2を作って売れば、1gold儲かる。カネ、カネ、キンコ。★3であっても、ビースト6で無い限りは、R30までに差し替えてください。




・Tiny ★(R4~R15)

ゲーム中屈指の弱ユニット。スキルは相手を助ける罰ゲーム。なんだが、エレメンタル属性が近接ユニットに対するカウンターとなる。bh、timber、beam、juggと、序盤の強ユニットは悉く近接。エレメンタル2のシナジーを発生させる事で、勝てない相手に勝てたりするし、ボス戦も運で勝てたりする。が、それを含めても5段階中1点評価。9ウォリアーにおける罰ゲーム枠。買わないで。




・Bat Rider ★(弱い)

弱い。短射程、低攻撃力、低HP、ゲーム中ワーストレベルの弱スキル。ゲーム中最弱。ガチャの外れ枠。4トロルの時だけはどうぞ。




◆1goldユニット tier list

5:BH。
4:Axe。Clock。
3:DR。Tinker。AM。
2:OM。Tusk。SS。
1:Encha。Tiny。Bat。







◆2goldユニット短評


・Timbersaw ★★★★★(R4~R15)

許されざる強さ。メック&ゴブリンが序盤戦最強なのはTimberのせい。メックから生み出される回復力と、弱体化されても未だ尚高いArmor。完全固定ダメージ属性を持つ2マス先まで届く範囲ダメージ。おそろしい。R1で単体性能では微妙なclockやTinkerが優先して取得されるのはTimberのせい。序盤戦最強メック&ゴブリンの、全ての元凶。




・Beast Master ★★★★★(R4~R20)

通称beam。beam本人からの攻撃を増幅させるデバフを付与する範囲ダメージスキルを持ち、そのダメージ増幅のデバフは複数のbeam間で共有される。★2のbeamを2体置く事で、他の★2を2体並べるのとはまったく違う意味を持つ上に、★3にしても低価格ユニットとしては屈指の性能。

orcが強いんじゃない、beamが強いんだ。
Hunterが強いんじゃない、beamが強いんだ。




・Juggernaut ★★★★(R4~R40)

ジャガーノートはスキル発動時に魔法ダメージを完全に無効化するという唯一無比な能力を持つ。それ故に、中盤以降魔法ダメージが猛威を振うタイミングにおいて、ありえない生存性を発揮し、その生存性はタンクとしても、ダメージディーラーとしても非常に優秀。3ウォーリアーという属性自体が、jugg+doom+kunkkaという終盤も強い優秀なユニットのみで自然に発動させられるのも強み。2goldユニット最強格のbeamが同じorcなのも大きなメリット。




・Chaos Knight ★★★(R4~R20)

ゲーム中最優秀アイテム倉庫。序盤に拾ったアイテムを、とりあえずカオスナイトに全部投げ入れて、序盤戦の勝率を上げよう。デーモンは他のデーモンとは共存出来ない為、ゲーム中最強クラスのユニットであるsf、doomと共存出来ないのは大きな減点ポイント。それでも強い。★2が出来たとしても、的確なタイミングで売却したい。終盤はdoom★2が簡単に作れて圧倒的な性能を持つ上にスキルもdoomの方が遙かに強い。★3を目指すメリットは無い。あくまでも、ゲーム中最優秀アイテム倉庫にして、中盤までの繋ぎ。




・Treant Protector ★★★(R4~R30)

ドルイド属性。それが全て。ドルイドは4種類集めれば、僅か4体で★3を作成出来る。ドルイド以外の★3は9体必要なので、作成難易度は半分以下。ゲーム中最優秀タンク。エルフは6体集めると、相手の通常攻撃を50%の確率で回避する。中盤に突如として現れる50%回避持ちの★3トレアントはゲーム中屈指の連勝ストッパー。

5点中3点という高い評価は、トレアントの評価ではなく、★3トレアントの評価なので留意されたし。トレアントが強いか弱いかの話をするならば、弱い。★3トレアントは一時的に強い。その★3トレアントすら、スキルダメージが優勢になる終盤は微妙。




・Luna ★★(R4~end game)

数字の上では最強DPS。通常攻撃がバウンドし続け、ゲーム中最高の殴りダメージを叩き出す。ただし、このゲームはダメージを受けた際にマナが回復するという仕様上、バウンドする度にダメージが減衰してしまうLunaは、下手をすると相手にマナを補充する役回りになってしまう。さらに、通常攻撃の射程が400と短く、2goldのレンジユニットの悲しさが故に、★3を作ったとしてもHPが2000にしかならず、Knightシナジーが運悪く発生しないと、あっという間に消し飛んでしまう。しかもKnightにはDragon Knightという、通常攻撃が範囲ダメージになるが故に、局面によってはLunaよりも殴り性能が高くなってしまう4goldのライバルが居る……。

とは言え、ゲーム中最強の殴りユニットに対する★2評価は完全に不当なもの。エルフ&Knightという生存性を上げる為の使い勝手のよい属性も持っており、強武器を持たせた際の破壊力は凄まじい。アイテム運やシナジー運に恵まれて、「Lunaで行ける!」と思った際は自信を持って★3を狙ってよい。★3Lunaで勝てるかどうかはさておいて、★3Lunaが唯一無比の性能を持っている事だけは確か。2goldユニットの悲しさ。




・Queen of Pain ★★(R4~R15)

配置時のポイントは、2列目に置く事。最悪最前線でもよい。アサシン属性を持つので、初期位置から殴れない場合は敵の後方に飛び込んでしまい、スキルが単体にしか当たらない。最前線に配置すると、配置した場所から動かずに殴ってくれる為、周囲の敵全てにダメージスキルを撃ってくれる。展開に応じて、最前線→2列目→後方と配置転換を行いたい。残念ながら、デーモン属性は他のデーモン属性ユニットと共存出来ず、他のデーモン属性持ちが強すぎるが故に、QoPの評価はその影響で下げざるをえない。




・Puck ★★(R20~R50)

2goldなのに、終盤要員。その理由はドラゴン属性持ちだから。ドラゴンナイトという終盤に強い4goldユニットを使う為に3ドラゴンが必須となり、ドラゴン属性持ちはpuck、Viper、Dragon Knightの3体しか居ない。

単体性能としては強さと弱さを併せ持つ。長所は、短いcd(5/4/3秒)から来る高いスキルダメージ。中盤に強いエルフ、ゲーム中屈指のメイジ、終盤強いドラゴンという3属性持ち。一方で短所は短い通常攻撃の射程と2gold故の軟弱さから来る低い生存性。さらには、マナが溜まらず短いCDを活かし辛い事。あくまでも3ドラゴン要員なので、その点だけは絶対に忘れないで下さい。




・Witch Doctor ★★(R4~R40?)

R40と言っても、トロルなだけ。4トロルに必須というだけ。wd自体は最新のpatchで強化されたし、スキルの性能も素晴らしい。ただし、4トロルはbatというゲーム中最弱ユニットを使わされる上に、トロルを引かなければ機能せず、尚且つトロルの他にも色々と必要になる。一応、4トロル完成時は強い……けれど、その道は茨の道で、望んでやりたいオーダーではない。




・Slark ★(R4~R15)

最新のpatchで3goldから2goldにリメイクされました。スキルのリメイクも含めて、性能自体は強化されたのですが、以前の生存性に全てを注ぎ込んだ3goldバージョンの方が面白かったと思います。スキルが単体対象で攻撃速度の遅いアサシンということで、弱ユニットの一語で片付いてしまうでしょう。




・Crystal Meiden ★(R25~R50)

実質★4。味方全員のマナを回復し続けるというう、唯一無比なスキルを持つゲーム中最強ユニット。ただし、単体性能はあまりにも貧弱。盤面に強いスキルを持ったユニットが8体必要で、尚且つメイジ3のシナジーがあって初めて発揮される高性能。終盤に拾って★2を作るユニット。序盤中盤は間違っても買わないでください。5段階中1点評価。盤面9体以上の局面かつ、スキルの撃ち合いという戦況かつ、強スキルラインナップが完成している、といった条件が全て整えばゲームの勝敗を左右する、4点評価どころか5点評価級のユニット。とにかく特殊。レベル9以降(R30以降)に買い集めて★2を作れば事足りるので、中盤に倉庫を圧迫する意味は極めて薄いです。作る際は、中盤から終盤にかけて、有り余る資金を利用して、高価格狙いガチャの片手間に作りましょう。




・Furion ★(R10~R25)

僅か4体で★3を作れるドルイド属性であること、それが全て。減点対象としては、★2の弱さ。評価ポイントは、中盤それなりに強いエルフ属性。致命的な点は、単体性能の絶望的な低さ。

たとえ★3で6エルフが出来たとしても、終盤は相手のラインナップによっては何事も無かったかのように負けます。終盤は相手のラインナップに応じて、6エルフを捨てて差し替える準備をしておきましょう。




・Morpling ★(R4~R15)

エレメンタルの属性を持つ、近接ユニットに対するカウンター。スキルも範囲ダメージで、一応は優秀。でも……基本性能が低すぎる。殴れないアサシンという時点で不遇。




・Slardar ★(弱い)

強い時間帯、無し。それが全て。いつ強いのかわからない。ウォリアー6(9)に行く時や、序盤の展開をウォリアーシナジーで支える時のみ使いたい。残念ウォーリアー。ただしtinyと違って罰ゲームではないだけマシ。



◆2goldユニット Tier list

5:Timber。beam。
4:Jugg。
3:CK。Treant。
2:Luna。QoP。Puck。WD。
1:Slark。Furion。Morp。Slardar






◆3goldユニット短評


3goldは全体的に不遇。強い2goldユニットと、4goldというだけで強い4goldユニットに挟まれ、その存在感は極めて薄い。概ね、シナジー要員です。


・ShadowFiend ★★★★★(R4~R20)
オートチェス最強ユニット。Dota allstars(所謂dota2)においては2005年~2011年の長きにわたりゲーム中最強ユニットであった為、オートチェスでも優遇されている。

ただし、3gold。
当たり前ですが、5goldの方が強いです。
★2の3goldと★2の5goldなら、5goldの方が強いです。
5goldユニットは全て、★2であればsfよりも強いと思って下さい。

その点だけには注意して、最終的には差し替える事を意識しましょう。★2のsfと★2のdoomならば差は僅かです。圧倒的なHPを誇るdoomの方が強いケースも少なくありません。sfにはgyro、DK、trollといった4gold5goldのライバルが存在します。的確なタイミングで差し替える事を意識してください。

あくまでもsfは中盤の覇者です。
殴りダメージとスキルダメージを兼ね備えた、中盤の覇王です。

すぐに★3ドルイドが襲ってきますし、4gold/5goldのユニットは、序盤にガチャから排出されないという理由により、凄まじく強く設定されています。sfはゲーム中最強ユニットですが、終盤の最強ユニットではありません。そこだけは注意してください。同じ話を延々繰り返しますが、★2の5goldユニットは、★2のsfよりも遙かに強いです。

近くに居る敵に対してスキルダメージが上がるという仕様上、画面の中央に正方形のフォーメーションを組んで2列目に置くのが基本ですが、アサシンや範囲ダメージにより溶けてしまう場合は、画面左端に置いてください。それでも十分強いです。




・Razor ★★★★(R4~end game)

最強メイジ。最新のpatchでスキルの射程が弱体化させられましたが、それでもRazorは屈指の強ユニットです。前述のsfとは違い殴り性能は極めて平凡ですが、スキルのCDが10秒ということもあり、ほとんどの場合においてスキルダメージはRazorの方が上。★2sfと★2Razorを並べる事が出来たならば、そこには無限の宇宙が広がります。スキルの射程の都合上、sfと同じく中央2列目に置くのが強く、左端に固めるのは弱いです。




・Lycan ★★★(R4~R25)

スキルを使う事によりHPがパーセンテージで跳ね上がり、その際には所持アイテムによるHPも考慮されます。★3ライカンはゲーム中最強タンクの一人です。何よりも有り難いのは、ヒューマンとビーストという、僅か2人で発生する良属性を2つも所持していること。なんとなく★2Lycanを作って盤面に設置するだけで盤面が一気に強化されます。基本的には繋ぎのユニットですが、非常に優秀な繋ぎのユニットであり、潤滑油のような存在です。




・Terrorblade ★★★(R7~R20)

卓上の空論ではありますが、最強ユニットです。何故卓上の空論であるかというと、スキルを使って変身するまでは長所を持たない近接ユニットだからです。ただし、現在はスキル使用時に味方のHPを犠牲とすることでHPが最大まで回復しますし、殴る際に溜まるマナも多く、早い段階での変身が可能となっています。

なお、終盤においてはその性能が活かされない為、★3テラーブレードを目指すメリットは存在しないと私は考えています。★2の繋ぎ要員であり、アイテム倉庫の一種です。強いは強いのですが、見た目の無双感から受ける印象上の強さと、終盤戦における実際の強さが一致しないタイプなので、騙されないようにしてください。




・Viper ★★(R15~end game)

アサシンは死に属性、それが全て。
ドラゴンは強い属性、それが全て。
3goldは不遇な価格、それが全て。

3ドラゴンをやる時のみ優秀かつ必須です。




・OmniKnight ★★(R10~end game)

Knightなら必須。Knightなら強ユニット。そんな条件を付けて良いならば、全員が強ユニットです。ゲーム中最弱を争うbatやtinyですら、条件が付けば強ユニットです。OmniKnightの場合はそれらとは違い、単体性能が優秀です。2knigtで繋ぎに使えるケースもあると思いますし、3ドラゴンやLunaをやる際に、自然な形で紛れ込む事も可能です。




・WindRanger ★★(R4~R20)

スキルは強いが当たらない。それが全てです。攻撃速度が速く、当たると凄まじいダメージを叩き出すスキルを持ちますが、エルフ属性かハンター属性を活かせないのならば、狙って★2を作る理由はありません。エルフ、ハンター共に序盤から中盤にかけて非常に優秀な属性なので、それらの属性をプレイする際には必須であり、優秀なユニットです。スキルが安定して複数ターゲットに当たるのならば、もう少し評価が上がるのですが……。



・Sniper ★★(R4~R20)

スキルは当たるが弱い。それが全てです。なお、移動中の敵にはスキルが当たりません。だめじゃん……。

ハンター属性を強くするとハンターゲーになってしまうという意図が見え隠れする調整でしたが、それでもハンターが強かったせいでハンター自体が弱体化されてしまいました。とにかく微妙です。強みはありません。平凡を絵に描いたような、ただのハンター属性持ちです。仕上がった6ハンターは弱体化されてなお、まずまず強いです。それだけは確かです。




・Lina ★★(R4~R20)

最新のpatchでスキルに強化が入っています。その強化を踏まえた評価が出来ていない点はご注意ください。おそらく、もう1段階上の評価でもいいと思います。ヒューマン属性による通常攻撃時に確率でのサイレンス付与を持ち、メイジに対するカウンターとなり得る敵のスキルを事前に防ぐ事が可能です。

2goldユニットと3goldユニットを比較するのは不適切ですが、メイジラインナップにおいてはヒューマン属性を所持するLinaの方が、3属性持ちのpuckよりも優秀です。

このゲームメイジは屈指の強属性なのですが、Razor、Lich、CMで3メイジが埋まりがちで、そこにスキルが単体対象であるというデメリットを持つLinaが入る余地があるかというと、微妙なところです。9対9の集団戦となる終盤は、範囲ダメージが支配する世界なので、そこにLinaの居場所はないでしょう。




・Mirana ★★(エルフ&ハンター)

自分の盤面にスキルを撃たないという、滅茶苦茶なユニットです。最初はバグかと思いましたが、仕様でした。明後日の方向にスキルを撃ち、他の盤面に着弾します。滅茶苦茶です。エルフ&ハンターという事で、エルフ&ハンターが強化されたと思ったのですが、残念ながらハンターが弱体化調整された事もあり、果てしなく微妙なユニットでした。中盤は強いという特性を持つ、エルフ&ハンターをやる時は当然使えるでしょう。ほとんどのケースにおいては、ガチャ外れ枠です。




・Riki ★(おそらく弱い)

新キャラクターです。アサシン属性が弱いです。スキルはわりといいと思います。何かの間違いで3アサシンをやる羽目に陥った時は使います。★3TAが出来ちゃった時とか!




・Abaddon ★(R4~R30)

以前は4アンデッドをやる際に必須だったのですが、最新のpatchで5体目のアンデッドが追加されてしまいました。しかも5gold。もうabddonの居場所はありません。とは言え、★3DRを目指す際の序盤戦において、2アンデッドのアーマー低下シナジーを発生させる事の出来る唯一のユニットとして重宝します。アンデッド&ナイトという属性は共に強いのですが、性能とスキルとCDの全てが、あまりにも平凡です。




・SandKing ★(R4~R24)

アサシンは死に属性。
しかも、殴れないアサシン。
スキルは優秀なのですが、
マナが溜まらずなかなか撃てない。




・PhantomAssasin ★(常に弱い)

殴れるアサシン。ただし確率発動のクリティカルで完全に運ゲー。TAと共にアサシン&エルフという属性を持っているので、6エルフ時のみ限定で使うユニット。




・Venomancer ★(ゲーム中最弱)

砲台型召喚ユニットのプレイグワードは、魔法ダメージを喰らわないのですが、フィジカルダメージと完全固定ダメージは普通にくらいます。ゲーム中最強レベルのTimberはpureダメージ持ち。同じく最強レベルのbeamはフィジカルダメージ属性の斧を投げてきます。だめじゃん!圧倒的な本体性能の低さと相まって、プレイグワードが全てのスキルを無効化するようにならなければ、スタートラインにも立てないでしょう。slarkをリメイクするならば、それよりも先に、こちらをリメイクするべきでした……。

しかも、batと同じように、ウォーロック&ビーストという、完成時に強い属性を持つが故に弱く調整されてるのかと思いきや、新しい強いウォーロックが5goldに追加されるという惨状。もはや属性シナジー完成要員という使いどころすら失ってしまったベノマンサーは、ゲーム中最弱ユニットへと落ちぶれてしまいました。

買わないで!
ベノマンサーは絶対に買わないで!




◆3goldユニット Tier List

5:SF。
4:Razor。
3:Lycan。Terrorblade。
2:Viper。Omni。WR。Sniper。Lina。
1:Abaddon。Sand。PA。Venom。






◆4goldユニット短評


圧倒的な性能。それが4goldです。
3gold以下のユニットとは決定的な差があります。



・Lone Druid ★★★★★(R8~end game)

ゲーム中最強の連勝ストッパー。
僅か4体で★3が作成可能なドルイド。
そのドルイドの強さの全てを司るのがこのLD。

召喚ユニットの熊が生み出す圧倒的なダメージ。熊の攻撃時に確率発生するエンタングリングクローによる制圧力。あらゆるラインナップにさり気なく紛れ込む事を可能とする破壊的なカタログスペック。僅か2体で発生し、全体の攻撃力を10%上げるというビースト属性。

ここまで書いておきながら実は、特別に強いというわけではないものの、ゲーム中最強の連勝ストッパーであり、負けゲーを覆せる性能を持つ数少ないユニット。強ユニット中の強ユニット。ただしsfやdoom、あるいはRazorやlycanといったような、★2を作って盤面に置くだけで仕事をしてくれるユニットとは違い、★3ドルイドを揃える前提の評価なので、ご注意下さい。その点を割り引いても、早いタイミングでの★2LDは、とりあえず作ってとりあえず置いてみるに値する強ユニットです。




・Doom ★★★★(R8~R35)

アイテム倉庫最終形態。たかだかアイテム倉庫にこの評価とは、如何にも苦しい感じがする。しかも、sfとは共存不可能。それでも、単体性能を評価した。なーんとも言えない。とりあえず、アイテムを雑に投げ込む事で勝率を上げ、最終的には気軽に売却可能。尚且つ、★3が出来れば悪魔的な強さ。HPが多いのでアーマー上昇アイテムを持たせてよし、殴り性能が高いので武器を持たせて良し、おまけにスキルもCD10秒で強いので、マナ回復アイテムも投げ込めるという、アイテム倉庫最終形態。ゲーム中最強の繋ぎユニット。とりあえず、誰に渡すか迷うアイテムはdoomを買って投げ込んでおこう!



・Dragon Knight ★★★★(R12~end game)

3ドラゴンのシナジー前提。
「シナジー前提ならみんな強いよ」
確かに、確かに。だが、待たれよ。

DKはスキル使用時に変身して攻撃力にボーナスがつくだけに留まらず、★2★3のDKは、通常攻撃が範囲ダメージ化する為、Luna、Gyro、troll、といったユニットを抜き去って置き去りにする最強の殴りキャラクターへと変貌する。3ドラゴンを揃える事で開幕100マナ、開幕と同時の変身が可能となる。しかも、DKの基礎性能はウォリアー属性の近接キャラクターで4gold。Lunaやsfとは違い、耐久力も申し分ない。

3ドラゴン前提。
それ以外は使わない方がよい。




・Medusa  ★★★★(R20~end game)

4gold最強クラスのユニットなのだが、致命的な欠点を持つ。それは、素体性能の低さ。ハンターなのに攻撃力が低い。ハンターなのに攻撃速度が遅い。射程持ちのハンターだから耐久力も無い。スキルにはダメージが設定されておらず、スキルの効果発生にも遅延がある。

だが、しかし。素体性能の低さを補って余り有るスキルの強さ。*部分的には*、"条件付きで"、タイドハンターのスキルを上回るゲーム中最強スキルを持つ。タイドハンターと属性が被っており、必ず併用してください。★1はスキルの効果が発揮される前に死んでしまうせいで絶望的に弱いので注意。★2から盤面に置きましょう。




・Disruptor  ★★★(R20~end game)

残念ながら最新のpatchでスキルのダメージが下げられてしまいましたが、それでも3秒間の範囲サイレンスは、スキルの撃ち合いになりがちな終盤戦で決定的な性能。相手がスキル依存度の低いウォリアーやナイトの場合は、その地位が少し下がります。強いウォーロックが追加された事、ブリンクダガーというアイテムが追加されたことも逆風で、所持属性も共に弱く、一時ほどの強さは無いと私は考えています。




・Kunkka  ★★★(R8~R30)

範囲スタンが強い。ただし、着弾が遅い。キャラクターの性能も平凡です。ウォリアーを3/6/9揃える時は決定的な性能なのですが、他のラインナップに単体で紛れ込むだけの性能は無いと私は考えています。早い段階で運良く引けた場合は、とりあえず購入して盤面に置けば★1でも仕事をしてくれる。そんな便利さはあります。




・Necrophos ★★★(R8~end game)

アンデッドにウォーロックという強属性を2つ持ち、スキルも地味だが非常に強い。このゲームにおける回復スキルとライフスティールは、魔法ダメージで全てを消し飛ばしてくる相手に対する数少ない対抗手段。その2つを併せ持つネクロが強くないわけがありません。「ただし地味」という話にはなりますが、地味か派手かでユニットの評価は決まりません。シナジーを揃える事が前提となってしまいますが、非常に強力なユニットです。




・Troll Warlord ★★(R8~end game)

同じターゲットを殴れば殴るほど攻撃速度が上がっていくという、単体対象に対する最強の殴りキャラクター。まー、そんなもの、卓上の空論ですよ。10対10のゲームにおいて、射程の短い単体殴りキャラクターなんてものが、強いわけがありません。あくまでも、本体は4トロル。4トロルによる10人全員の攻撃速度を上げるという効果を、他の誰かに付与する為のユニット。3ドラゴンDKか、gyroか、★3sfか★3Lunaか。

trollが強いんじゃないです。4トロルが強いんです。4トロルの強化を受けた、他の誰かが強いんです。基本的にはそういうユニットです。4トロルは確かに強いです。絶対強いです。4トロルの強さは否定しませんが、Troll Warlordが強いかどうかは知りません。知りませんというか、強いと思っていません。こんなもの、batに毛が生えただけですよ。高級アイテム倉庫ですよ。Troll Warloadが強いというならば、batも強いと言わねばなりません。4トロル+αが完成した際の4トロル+αが強いだけです。




・Alchemist ★★(6ゴブリン要員)

最新のpatchでスキルのリメイクを受け、純粋な殴りキャラクターへと変貌を遂げました。弱体化だと思っています。6ゴブリン要員ですね。6ゴブリン、強いです。




・Templar Assassin ★(弱い~end game)

弱いです。
誰がなんと言おうと弱いです。
まず第一に、エルフが弱いです。中盤の6エルフは強いけれど、それは6エルフが強いのではなく、★3ドルイドが強いだけです。

それに、4goldユニットが★2になるタイミングって、中盤ではなく終盤ですよね?TAが★2になっても、盤面は9対9。その段階でTAに何が出来ますか?「偶然中盤で★2が出来たら強い」って、そんなの4goldユニットは全部そうですよ!偶然中盤に4goldの★2が出来れば、全部強いですよ。

さらに、アサシンは死に属性です。「確率発動のクリティカルで勝てない相手に勝てる」って、ただの嫌がらせじゃないですか!あなたは、8人のバトルロワイヤルを最後まで生き抜いて勝利しなければならないんです。安定して勝って生き残らないと駄目なんです。確率発動のクリティカル次第で勝てる、なんてものは評価に値しません。

そもそも、アサシン自体が全体的に弱いです。HPが低いせいで、中盤楽しくても、終盤に入る頃には気がついたら消し飛ばされて負けていきます。TAなんか後生大事に取っている人は、ユニットの評価がまともに出来てないだけです。

なお、中盤の6エルフは強いです。
終盤の6エルフは弱いので、移行頑張って下さい。

1,4goldは終盤用のユニット。
2,終盤のエルフは弱い。
3,アサシンは死に属性。
以上です。
TAは弱いです。
ろくでもないです。




・Keeper of the Light ★ (弱い~end game)

残念ながら、癖が強すぎます。
素晴らしいダメージを叩き出す事が出来るユニットではあるのですが、当然CM前提。尚且つ★3を消し飛ばすにはダメージが足りませんし、サイレンスにも弱いです。ヒューマン属性はキャラクター性能と合致するものではありますが、残念ながら3メイジを目指す場合においても微妙であると言わざるを得ない、溺れるものが掴む藁です。6メイジ要員です。





◆4gold ユニット Tier List


5:LD
4:Doom。DK。Medusa。
3:Disruptor。Kunkka。Necro。
2:Troll。Alchemist。
1:TA。KotL。









◆5goldユニット短評


なお、全てのユニットでTier Listを作った場合、5goldユニットは全て5つ星です。ガチャからの排出率が低く、ガチャプールにおける含有量に制限があり、高価格である5goldユニットが強いのは当たり前です。ほとんど全ての場合において、★3の1~2goldユニットよりも★2の5goldユニットの方が強いです。


・Tide ★★★★★(~end game)

いつ、いかなる時でも強く、★1でも強いのは高評価です。極まれに、★3ユニット大戦争と化してtideが形骸化するケースもありますが、その場合も★2tideと★2enigmaを並べるのが最善手です。

ありとあらゆるラインナップに★1にして紛れ込む事が可能な素晴らしいユニットです。★1の場合は耐久力に難がありますから、配置に気を遣いましょう。★2の場合は、相手にヒューマンシナジーのサイレンスが無い限りは中央最前線が最適解です。




・Enigma ★★★★(~end game)

完全固定ダメージのパーセンテージダメージ。スキルを撃てば勝ちです。最近のpatchでブリンクダガーという、確実にスキルを撃ちながら死なないという挙動を可能とするアイテムが導入された事により、その地位が大きく上がりました。ブリンクダガーを持たせた★2エニグマは、ほぼ確実に死ぬ前にスキルを撃ってくれます。しかも相手後衛のダメージを受ける位置に飛び込んでくれるので、最速でスキルを撃てます。

最大HPの7%ダメージを完全固定値で10秒間与える範囲ダメージスキルを最速で撃ってくれる。それが強くないわけがないです。9ウォリアーのアーマーや、6Knightのシールドも、Enigmaのスキルの前では意味を成しません。

ダメージを与えるという点だけを見れば、tideよりも強いです。ではなぜtideの方が評価が高いかというと、Enigmaは持続ダメージスキルを持つという特性上、1秒でも早くスキルを撃ちたいのですが★1だとスキルを安定して最速で撃つ方法がないのです。★1ならLichと同じか、若干後れを取る程度の強さだと思います。



・Gyro ★★★(~end game)

全てのレンジDPSを過去とする、終盤の覇者。圧倒的な攻撃速度と、圧倒的な長射程。さらに、盤面のほとんど全てをカバーするスキルダメージ。しかも、6ゴブリンの場合は4メックによる回復力まで付与されて、どうしようもありません。とは言え、gyroが強いのではなく、5goldだから強いだけ、という抗弁は可能だと思います。あらゆるラインナップに紛れ込むポテンシャルはあります。射程の長さ故に画面端から動かずに敵を殴り続ける事で、相手の範囲スキルを一人で受け止めてくれるという隠れた強みもあります。

sf★2とGyro★1なら、gyroが上。
sf★3とGyro★2なら、gyroが上。

「sf最強だって書いてたからsf使ってたのに終盤負けた!騙された!」みたいなパターンで負けるのは避けましょう。5goldはガチャ排出率が低く、価格も高いので、強いのは当たり前です。




・Death Prophet ★★(~end game)

最新のpatchで追加されたユニットなので、評価は定まっていません。dota allstarsの経験から言うと、スキルが最強のはずです。アンデッド&ウォーロックという属性も素晴らしいです。5段階中4点評価はありそうですが、とりあえず★2に仮置きします。



・Techies ★★(~end game)

6ゴブリン要員なのだけれど、★2の5goldが強いのは前述の通り。★2に出来たならばHPは2000と容易には死なない。3メイジに自然な形で紛れ込むだけではなく、あらゆるラインナップに居場所はある。というか、5goldの★2が強すぎるというゲームバランス。そんな強い強いTechiesが持つ弱点は、自分の周囲に地雷を設置することと、地雷が爆発するまでに時間が必要なこと。

最速で地雷を設置する為に、そして画面中央に地雷を設置して可能な限り多くの敵にスキルダメージを叩きこむ為に、配置は画面の中央に。もしもスキルを撃つ前に溶かされてしまう場合は、両脇を硬いユニットでガードするか、2列目で使おう。

なお、殴りキャラクターではないので決して武器など持たせぬように。5goldの殴りキャラクターはgyroだけです。




・Lich ★(~end game)

3メイジにおける最強パーツ。

前述のとおり、全てのユニットを単純な強さで分類すると、5goldは全てgod tier。強くて当たり前。SSRがSRよりも弱いゲームがどこにありますか?ないでしょう。そういうことです。5goldっていうのはSSRなので強くて当たり前。Lichは5goldでは一番下に置きましたが、Lichが弱いという話ではありません。

★2にすることでスキルのバウンド回数が増え、ダメージが跳ね上がるので、とりあえず1体買っておき、運良く★2になったら使う感じです。最終的に盤面に10体しか設置出来ないので、6ゴブリンや、3ドラゴン+ウォーロックナイトなどで、自由枠が少ない場合はスルー推奨です。

5goldの上位であるtideやenigmaはどんなラインナップにも、最後まで投入可能ですが、Lichにそのパワーは無いと考えて下さい。lichは強いのですが、lichの競合相手は更に強いのです。その競合相手というのは同じ5goldユニットである、tideやenigma、良い武器を所有している際のgyroです。






◆5goldユニット Tier List

5:Tide
4:Enigma
3:Gyro
2:DP。Techies。
1:Lich




要点をもう一度復習。


◆初心者の方がわからん殺しされがちな序盤戦用TierList。




◆ガチャはレベル7~9になるまで絶対に回さない。

◆50gold溜める。