雑記。



Twitterにアクティブアプリケーションのデータをアップする、という機能に絞る。それ以上のものは一切含めない。

名称未定2.0は「twitterを利用する」為のアプリケーションであるはずなのに、名称未定でやりたかった事というのが頭の中にどっしりと大量にそれこそ100項目くらいあって、どうしてもその影響を受けてしまう傾向にある。

例えば、まず第一に「グラフにして見渡したい」というのがある。よくよく考えたらこれが一番の間違い。あくまでも「twitterを利用して可視化する」なんだから、円グラフとか棒グラフとかいらない。twitterのログだけあればいい。先週比とか、週毎の変移とか、先月比とか、そういうのはいらない。twitterのコンセプトどおり「今」「何を」という2点に絞る。

他にも、同じゲームであっても、ソフトによってexenameは違ってくるので、タグ付けしてまとめて見たい、というのもいらない。それをやりたいならば、HaiTwitでやらずに、また別のものでやればいい。だいたい、タグ管理&数年分のデータにタグを付けて管理などというのは僕の力量では納まらないわけです。明らかに、途中でくたびれて飽きて、Ver0.23が日の目を見る事すら無いくらいに頓挫する。どうですか、この潔さ。「僕の能力では出来ません」なんてなかなか言えませんよ。これぞまさしく自らの無能さを認める潔さですよ。器量が大きいですよ。凡人だと「もしも今ここで出来ませんなんて言ってしまうとますます社内で孤立してしまうんじゃないか・・・そうだ!!!ピカーン!出来ないのではなくて、やらないって言っておけばキャーカッコイイーとか言われてよろしくやりまくれるぜ!」みたいな薄っぺらい事を考えて「出来ないのではなく、やらないんです」とか、「何をするかではなく、何をやらないかが、個性なんです。」とか言いだすところです。

それと、「今何をしているか」を一定時間毎に勝手にアップロードする機能もやらない。「聞いている音楽+見ているウェブサイト+見ているJPEGや動画+メッセで話している相手+ダウンロード中のファイル+フリッカーにデスクトップスクリーンショットをアップ」くらいまで段階的にやりたいとか思っていたのだけれど、絶対にやらない。「それ、出来るんですか?」って尋ねられたら、まあ確かに「やらないんではなく、やれないんです」と答えざるを得ない側面があるのも確かだけれど、やらない。何故ならば、個人情報だだ漏れとかそういう以上に、恐怖で自らを支配するようなアプリケーションは作りたくない。反省とか願望とか、そういう名称未定と同じ方向で行きたい。(こういった機能も、アップロードの無い名称未定であったならば、自らの今を過去と比較し可視化する、という機能なので、かなり未練があるけれど)

一方で、見ているウェブサイトにつては、力量的に出来る所までは徹底的にやりたい。試しに200サイトのチェックをして見たら、1秒くらいはかかるんじゃないかと思ってたのだけれど、0.1秒かからなかったので、「個人ニュースサイト」「新聞社」「スラッシュドットとかオーマイニュースとかそれ系ニュースサイト」「俗悪サイト」「アダルトサイト」「紹介ブログ」「ブログ」くらいまでは拾いたい。あと、前回すっかり忘れてたmixiあたりも当然。多くの人にとってはPC=ブラウザなので、そこはしっかり可視化したい。


なんか全部切り捨てる事を再確認したら非常に気分が楽になった。またいつかそのうちやる気が出たら続き作ろうと思ったけど、とりあえず今はここ数日ブログ全然書いてなかったのでブログ書きたいし、微妙。年内には0.23出す。期限的にちょっと冗長すぎる嫌いはあるけれど、どこかの社長みたいに新機能リリースを大々的に告知しておきながらこっそり期限延期して、謝って、今度こそはやります!って宣言して、やっぱり延期しますって言い訳に終始して、気がついたら予告日が消えて「未定」になってたりするよりかは幾分かマシ。下を見ればきりがない。人生には区切りが無い。脳みそがコーラになったような頭痛が夕方から続いていて左こめかみを削除したい衝動に駆られ続けているけれどやりません。やれないのではなくてやらないのです。嘔吐。生きたい。