2008年1月10日木曜日

EAizm,



EAがゲーム市場を右肩上がりで駆け上り、一人勝ちに等しいくらいの利益を叩きだしていた短い短い絶頂期。「EAのゲームは最初の30分しか面白くない」「最初の30分でレビュアーを騙し、綺麗なグラフィックでメディアを騙し、版権で浮動層を騙して30分で飽きが来てしまう駄目ソフトを売っている糞会社」といった類の批判にEAのお偉いさんがインタビューで「そうです、私達はそれでよいと考えています。考えてみてください。高い金を払って1000時間をどぶに捨てることと、30分でコンパクトディスクをゴミ箱に捨てることのどちらがマシかを」ってな事を言ってたよ。


EAizmがEAにもたらしたのは赤字泥沼真っ逆さまの転落劇。
もはやEAを世界一のゲームパブリッシャーなんて呼ぶ奴はどこにもいない。
だからって僕等はEAを悪く言ったりなんかしないよ。だってそうじゃん。


泳ぐのに情熱はいらない。

泳ぐのに必要なものは、水と筋肉である。水と筋肉があれば人は自ずから泳ぎ出す。そこには意志も情熱もいらない。僕はこんな人生に陥って尚、少しでも前に進みたい。米を炊く体力を失って豆腐をすすり、シャワーを浴びる気力を失って汗を摘まむ。ここにあるのは死体だ。腐っていないだけの死体だ。異臭...