不本意なブログ移転は辛い。



ドリコムのブログがハードディスク障害でサービス停止とか、NOWAがやる気無くなってサービス終了とか、ブロックブログがなんとなくサービス終了とか、そういう暗いニュースばかり耳にする。僕がここで声を大にして言っておきたいのは、不本意なブログの移転とか、不本意なブログの閉鎖といった類のものが、どれほどまでにブロガーにとって辛く苦しい、そして長きに渡り重くのしかかるものであるかである。とくにブログくらいしか人生においてする事が無い人間にとって、無理矢理に移転を強いられるというのは、この上なく辛い。まるで自分の大切な何かを奪われてしまったような気分だ。生き物を飼うには責任というものが付き纏うだ。同じようにブロガーを飼うのにも責任というものが付き纏うはずだ。さくらのブログの投稿画面を見る度に僕はまるで中絶された水子のような気分になる。何故か近頃はひたすらに悲しい。