2009年4月25日土曜日

回る。回る。世界が回る。



昨日は宇宙遊泳のようになってしまい、懸命に横になってみたのだけれど一向に治る気配もなく、ふいに「酸素不足ではないか」という疑いが芽生えたので窓を少し開けて外の空気を吸って明るくなるまで横になっていたら収まったので、「空気が悪かったのだ」という結論でとりあえず自分を納得させて一日を這いつくばって生きてみたけど、今夜も回る。世界が回る。

泳ぐのに情熱はいらない。

泳ぐのに必要なものは、水と筋肉である。水と筋肉があれば人は自ずから泳ぎ出す。そこには意志も情熱もいらない。僕はこんな人生に陥って尚、少しでも前に進みたい。米を炊く体力を失って豆腐をすすり、シャワーを浴びる気力を失って汗を摘まむ。ここにあるのは死体だ。腐っていないだけの死体だ。異臭...