2010年5月22日土曜日

真性引き篭もり : 元気が失われて行く

頭の後ろの左側が焼けるように痛いのは今日一日を何もせずに過ごすであろう事に対する完璧な言い訳を用意する為の自己防衛機能の現れだと思う事にする、にしても痛いなんだこの痛さわ。

泳ぐのに情熱はいらない。

泳ぐのに必要なものは、水と筋肉である。水と筋肉があれば人は自ずから泳ぎ出す。そこには意志も情熱もいらない。僕はこんな人生に陥って尚、少しでも前に進みたい。米を炊く体力を失って豆腐をすすり、シャワーを浴びる気力を失って汗を摘まむ。ここにあるのは死体だ。腐っていないだけの死体だ。異臭...