2010年5月18日火曜日

真性引き篭もり : よくなるばかり。

目が覚めて何も聞こえない。遠くで車の走る音がする。誰からも望まれていないのに目が覚める事の虚しさ。目が覚める度に気ばかり満ちる事の悲しさ。やる気だけは今日もある。瞳だけは凛々と輝く。未来を未来をと鼓動は高鳴る。けれども何も起こらない。現実の存在しない人生。日常の存在しない人生。指と毛ばかり無駄に多い。春の風邪も治まった。

なぜ人生はこんなにもつまらないのか。

たのしいことがない。何をやっても楽しくない。確かあれをすれば楽しかったはずだと懸命に過去の記憶を辿って、むかしは楽しかった事を一生懸命こなそうとしても、ぜんぜんたのしくない。思い切りが足りないんだとか、やる気が足りないんだとか、自分を励ましてたのしそうなことをしてみても、ぜんぜん...