2010年7月31日土曜日

真性引き篭もり : 何かを頑張ろうと思い前向きになると途端に悲しくなる

「さあ」と思って立ち上がると、悲しい事ばかり思い出す。「楽しい事だって有ったろう」と斜に構えて思い出そうと試みても、そんな思い出は記憶にない。いや、そんな過去は存在しない。悲しい事、とにかく悲しい事ばかりが頭に浮かんで不安になる。一粒の希望も無しに、何かを頑張る事など出来るのだろうか。

とにかく、、、とにかく悲しい。それと、暑い。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。