あついと呟いてはみたものの。

目が覚めても何も無く、あついと静かに呟いてはみたものの、あつさすら見あたらず肩を強張らせてため息をつく。大宇宙に浮かんでいるような孤独感だけがある。