2012年5月18日金曜日

自己tumbler状態に陥ったらその人はもうおしまい。

午前0時が目前に迫ると、今日はまだブログにエントリーをアップロードしていなかった事を思い出し、焦っては慌てふためき、「どこかに投稿出来そうな手軽なエントリーは落ちていないかな」などと、テキストフォルダや、evernoteや、ohlifeや、非公開の下書きエントリーなどを、片っ端から漁るようになったら、その人はおしまい。もうおしまい。ブロガーとして完全に終わっている。死んだ方がまし。ブロガーという生き物は、理由もなく、わけもなく、書きたいことが次から次へと溢れだし、処理しきれずに困り果てているからブロガーなのであり、手軽さを求めて自己tumbler状態で自らの遺物をまさぐるような人間はブロガーでもなんでもない。それはもうただ、水分を多く含んだ燃えにくい36℃の粗大ゴミ。

なぜ人生はこんなにもつまらないのか。

たのしいことがない。何をやっても楽しくない。確かあれをすれば楽しかったはずだと懸命に過去の記憶を辿って、むかしは楽しかった事を一生懸命こなそうとしても、ぜんぜんたのしくない。思い切りが足りないんだとか、やる気が足りないんだとか、自分を励ましてたのしそうなことをしてみても、ぜんぜん...