アライエンス対navi、1分間プレイヤーレビュー。

グランドファイナル前に書き上げていたものの、スクリーンショットを足そうと思ってお蔵入りにしてしまっていた1分間レビュー。まさかグランドファイナルでも再びdendi no tpでnaviが負けるとは。 しかもラストのゲームでまたしてもdendi no tpって……。誰かdendiに教えてあげて4分以降はtp必ず持とうね、って。
----


----
dota2://matchid=269910097&matchtime=1604


ウイナーズ決勝、アライエンス対naviの1ゲーム目。

ゲーム時間13分40秒、リプレイ時間26分50秒にアライエンスの4名が川を越えて敵陣に進入した事により発生した集団戦のプレイヤーレビュー。


アドブルbhのultと、EGM nagaのnetが同時に放たれて開幕したnavi対アライエンス初の決戦は、xboctの素早い完璧なリアクションに、kurokyとpuppyが加勢し、naviはs4とアドブルを一瞬で討ち取る事に成功。このまま普通にプレイすれば5キル0デス、良いプレイをすればbuy backを行ったs4を含めて6キル0デスという結果が可能な必勝の体制を得たものの、puppyの致命的な失態によりnaviは濡れ手に粟の勝機を逃す。得られたキルは開幕でxboctが稼いだ2キルのみ。さらに2デスを献上し、Lodaを討ち漏らす痛恨の痛み分けに終わってしまう。naviがこの絶好機を逃した事でアライエンスの優勢が決定的になり、naviは逆転の機会を見いだせぬままじりじりと差を広げられ、完敗する。



navi


・dendi、sky mage、2/10。

この集団戦がはじまるよりも随分と前から、dendiはTPを所持していなかった。アライエンスはアドブルがdendiにultを付け、dendiがTPを所持していない事を確認した上でsmoke gangに出る。もしもdendiがTPを所持していたならば、アライエンスはチームの核であり唯一のDPSであるLodaを随伴しない、危険すぎる渡河攻撃を行いはしなかっただろう。この戦い自体はnaviが完勝するはずだった戦いなので、TPを所持していなかった事自体を強く非難する事は出来ない。とは言え、14分にTPを所持していないというのは流石に厳しい。

開戦時に遙か彼方にいたdendiは、集団戦を無視してクーリエをaimしてしまうというミスを犯し、さらに殺す事が不可能なクーリエに気を取られて参戦が遅れてしまう。19秒もの間戦闘に加われず、同じく遙か彼方に居たLodaよりも到着が遅かった。最短距離を突き抜けていれば、13秒ほどで辿り着けたので、5秒以上も遅れた事になる。やっとの事で戦場に辿り着いた時にはもう担えるタスクがほとんど残っていなかったのだが、ultを当てればLodaを討ち取れるという好機が残っていた。ところがクーリエに気を取られて現場の情勢を確認していなかったdendiはLodaの動きを読み違え、ultを外してしまいLodaを討ち漏らす。dendi参戦時には完全勝利への道は既に閉ざされていたものの、Lodaを討ち取れていればもう少し可能性のある中盤戦が待っていただろう。


・xboct、gyro、9/10。

アドブルのultとEGMのnetが同時に放たれたのを見て即対応。そのくらい誰でも出来ると言ってしまえばそれまでだが、ultを完璧な位置に撃ち、スキル3を押し、スティックを使い、DPSに求められる仕事を完璧に果たした。アドブルとs4は蒸発し、EGMとakkeも瀕死。buy backを所持していたので、仮に死んでいてもアライエンスをwipeする事が可能だっただろう。wispのultでベースに戻っての再参戦後にaimが少し乱れてしまったが、dendiがultをミスっていた以上、仮にxboctが完璧なaimを見せていてもLodaを討ち取る事は出来なかった。


・kuroky、wisp、3/10。

チェーンをs4に当ててスタンさせpuckを完封。さらにxboctをultでベースにお持ち帰りして救出したのだが、これは最適解ではなかった。チェーンで繋げて自分にurmすればxboctを救った上で、chenとnagaを殺せていた。ultの退避先も間違っており、本陣ではなく森裏に退避して、xboctにhealをかけ、再参戦させていれば良かった。一見するとultでxboctを救ったように見えるが、実際は「kurokyとxboctという2人のプレイヤーを戦場から排除し、アライエンスを救う」という敗着にも等しい判断ミスだった。

また、xboctはbuy backが可能だったので、それを考慮して戦場に留まり続ければppyやfun1と協力してnagaとchenを殺せていた。もちろん、遅れてきたLodaとbuybackで再参戦したs4を相手にも、有利な戦いが出来ただろう。また、EGMを殺せる場面でLodaの首を狙いに行ってしまったのも僅かに減点。誰かがLoda Loda叫び、それに反応してしまったのだろうけれど、無視してまずはEGMの首を取っておけばよかった。最後はぎりぎり生き延びて逃走に成功し、敗北こそ免れたものの、naviにとっては勝利が必要な一戦だった。


・fun1、wr、2/10

kurokyとxboctがultで泉に帰っていたために、1人で突っ込んでも出来る事は無い状態でウインドランを使って参戦。そこまでして急ぐ必要はなかった。結果、ミニマップに表示される事を厭わずに強引に参戦するという頭の悪い参戦をしたLodaと、それに呼応して完璧な動きを見せたEGMに挟撃されて蒸発。全部ppyが悪い。meka役のfun1がここで死んでしまった事により、naviは陣立てが5分遅れ、やっとのことでmekaが完成した時には「相手の致命的な失策を待つ」以外の選択肢は全て失われていた。


・puppy、sand、1/10

sent ward持っています。何故差さないんですか。sent差さず、sent差さず、さらにsent差さずに死亡。Lodaはミニマップに映る事を厭わずに強引に戦場を目指していたので、Lodaがlotherを使用して参戦する事は火を見るよりも明らかだった。Lodaの遅参が見えているこの情勢で、sentを差さないというのはサポートとしてあってはならない失態。もしもsentを差していれば、lotherで強引に背後を突いたLodaはdendiのサイレンスを喰らって自爆して即死。もちろんEGMは逃げ切れずに死亡。chenとpuckを共に討ち取る事まで可能だった。buy backから無理をして再参戦したs4を討ち取れば、s4はdaggerを買えず、fun1はmekaが完成。navi圧倒的優位どころか、勝ち確の状態で中盤戦を迎えられるはずだった。

プレイングの面でも悪かった。まず開幕時にEGMにスタンを回避されている。さらに、スタンからのultコンボでEGMを確実に殺せる場面で、意味の無い横歩きをしてしまい、EGMにultを回避するチャンスを与えてしまう。神手の中の神手であるEGMはそのミスを逃さず、見事にultを回避して生還を成し遂げてしまった。世界最高のサポートプイレヤーであるEGMと、欧州屈指のサポートプレイヤーでしかないpuppyとの、プレイヤー能力差が決定的な場面で露呈してしまった。EGMはチーム内序列五番手のプレイヤーであり、発言を行う必要がなく、プレイ以外の面での負担が一切無いのに対して、puppyはpickerを務め、声を出して指示を出し、チームの全てを掌るチームリーダーなので、単純に比較するのはかわいそうではあるのだけれど。

最後はakkeにsentを差され、buy backから無理矢理再参戦したs4に全スキルを当てられ死亡。死亡シーンを見た感じ、「Lodaを殺せ」と声出しして、逃げるLodaを全員で追わせたのはppyではなくdendiか。とにかく、ppyがsentを差していれば最低でも4キル。EGMにスタンを回避されていなければ5キル0デスでwipe。


アライエンス


・EGM、naga、10/10

開幕時に、nuke当てて一発殴った後に、ppyのスタンを回避して再び殴る。ppyのスタンを完璧な退避動作で回避しただけにおさまらず、期待値に等しいダメージを叩き出している。さらにさらに、中盤ではppyのultを見て回避すると同時にwrを蒸発させ、ppyのultを回避しつつ迫るppyをnetで止めて逃げ延びTP out。世界一のサポートプレイヤー。これがまぐれとか、たまたま良かったとか、そういう話ではなく、今のEGMは毎試合毎試合高得点を叩き出す。アライエンスのベストプレイヤーであり、アライエンスの最強部位。


・アドブル、bh、2/10

sandが見えてる情勢で紫靴押してgyroをパンチ!そのまま棒立ちでgyroをパンチ!即蒸発さようなら。臆病で慎重で計算高い熊先生らしくない凡プレイだった。アドブルの責任というよりも、あまりにも酷すぎたs4の巻き添えを喰らっただけ。かわいそうな熊先生。

また、この1分間以外は良かった。アドブルが綺麗なroamでwrをharassで遅らせていなければ、wrのmekaは既に完成していた。僅か2ヒーローしか使えないとは言え、腐ってもdota2最大の巨人。熊とフリオンの両手をもがれても精一杯頑張っていた。センスも光った。あくまでも1分間プレイヤーレビューなので10点中1点。実質1点。ppyよりはマシだったのと、全てはs4のせいなので、1点加点。


・akke、chen、3/10

ultが遅れた。s4と熊先生は既に蒸発済みで回復出来ず。クリープの操作も悪かった。ポジショニングと位置取りは良かった。


・s4、puck、4/10

まず、開幕時に即蒸発したプレイは1/10。何故puckがgyroと0距離に居るのか。評価不能。意味不明。利敵行為に等しい最悪のポジショニング。buy back後は4人にnukeを当て、3人にultを当て、3人にサイレンス。こちらは良かった。kurokyを殺せるシーンがあったが、直前に酷いプレイで頓死した上でbuy backを使用して大金を失った為に心が折れてしまっており、怯えて下がってしまった。アライエンスで最もスマートな(理知的で演算能力の高い)プレイヤーであるs4らしくない1分間だった。


・Loda、alc、5/10

敵のミニマップに表示された状態で、てくてく歩いて戦場を目指す。ppyがsent置いてたら終わってた。運が良かっただけ。本来ならば1点だったのに、ppyに救われて5点。

戦闘面ではfun1を刺し殺してすたこらさっさ。s4の再参戦があったので、そこまで逃げなくてもよかった。もう少し冷静に前目のポジショニングを選択していれば、wispとgyroを殺せていた。ultを持ったs4が再参戦する3対4の局面だったので、踏みとどまるのが正解。ただし、アライエンスにおいてLodaが担っているタスクは「生存、farm、DPS」なので、いちもくさんに逃げるという選択は、戦略的に正しく、減点はし辛い。最適解でこそないものの、安全策もまた正解。役割は果たした。仕事はした。