瞼の力。

両腕はしなだれ、干涸らび落ちて、指も足も力にはならず、口は生きるに精一杯の空気を取り込むことだけでやっと、僅かに自由の効くのは瞼だけ。古い記憶や幸せな思い出、悔やみきれない出来事やいたたまれない申し訳なさで蜘蛛の糸をより上げてみてもひっかける場所もなく、仕方が無しにインターネットにそれをひっかけたその糸とも呼べぬ細い綱を、上の瞼と下の瞼で懸命につまんで命を繋いでみるが、瞼がそれでは明日は見えぬし、そうまでしてしがみつく理由もない。