2014年4月1日火曜日

どうせさ、どうせ。

正常な思考を妨げる頭痛が頭の中を貫いて、僕を間違いに導くけれど、もしもこの痛みが無かったならば、僕はどんな正しさでどんな素晴らしい日を送っていたのだろう。どうせさ、どうせ。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。