2014年6月16日月曜日

ダブルスリープ。

7時間を2回眠るとモチベーションや健全な向上心がある程度回復する。問題は、14時間一気に眠るのは不可能だという点で、途中で一度10時間くらいは起きていなければならない。相当少なく見積もっても5時間くらい。7時間寝て、5時間起きて、7時間寝て。これが結構ハードルが高い。

何故高いかというと、5~10時間の間に気分の悪いものを見てしまったり、動揺する出来事、あるいは精神が高揚する出来事に遭遇したり、何かを一生懸命頑張ったり、頑張ろうと試みたりしてしまったら、それはもうダブルスリープではなく、ただ個別に7時間寝ただけ。ふつーの生活。

7時間と7時間の間の10時間をぼんやりと何もせずに落ち着いたテンションのままで過ごすのはとても難しく、ダブルスリープは卓上の空論。わかっていても出来ないことの1つにすぎないのでありました。消耗。

なぜ人生はこんなにもつまらないのか。

たのしいことがない。何をやっても楽しくない。確かあれをすれば楽しかったはずだと懸命に過去の記憶を辿って、むかしは楽しかった事を一生懸命こなそうとしても、ぜんぜんたのしくない。思い切りが足りないんだとか、やる気が足りないんだとか、自分を励ましてたのしそうなことをしてみても、ぜんぜん...