ブログを書かかない人。

僕がずっと読んでいるブログのブロガーがブログを一切書かずに、くだらないブログを投稿しているのは、その人が限界を通り越してもの凄く怒っていて、自分のブログを見に来ている人間に対してぶち切れているのだという所まではわかる。その怒りの対象に、10年来の読者である僕が含まれていない事を願うけれど、含まれているはずである。ブログを書く人と、ブログを読む人という関係性において、怒りから逃れる術という救いは無い。かくしてブログはくだらない、インターネットには救いが無い。