無駄を省いて生きる。

如何に無駄を省いて生きるかというifを考えた時に最後まで残る唯一のものがブログを書くことであるからこの人生には救いが無い。