2015年5月2日土曜日

心が折れる前に目を瞑って走れ

俺の人生には自分を否定する為の材料が十分な高さで積み重なっている。その高さを乗り越えるだけの夢や闘争心は俺には無い。分別をわきまえれば何も出来なくなる。脳みそが動き出す前に心が動き出す前に目を瞑って走れ。その先には何も無いがどうせここには何も無い。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。