2015年5月25日月曜日

うんざりしてやめる準備

都構想なる投票で負けた橋下が政治家を辞めるそうだ。どんな時でも、どんな事でも、一番楽なのは投げ出す事だ。けれども投げ出すには理由が必要になる。理由無しに投げ出してしまうと、それはまるで負け犬のようだ。理由があれば違う。理由というのは筋の通った言い訳だ。なので、人は誰しも心のどこかで常に投げ出す為の理由を探している。うんざりしてやめる為の理由を待ち望むようになったらおしまいだし、たとえばそれが訪れたとしても無視してスキップ出来るような心構えでいなければならない。とりあえずこのエントリーはうんざりしてやめる

泳ぐのに情熱はいらない。

泳ぐのに必要なものは、水と筋肉である。水と筋肉があれば人は自ずから泳ぎ出す。そこには意志も情熱もいらない。僕はこんな人生に陥って尚、少しでも前に進みたい。米を炊く体力を失って豆腐をすすり、シャワーを浴びる気力を失って汗を摘まむ。ここにあるのは死体だ。腐っていないだけの死体だ。異臭...