ブログは一人では書けない。

一人でブログを書けるというのは幻想である。ブログは決して一人では書けない。ブログとは希望である。インターネットとは希望の地である。その希望が潰えた時、人はブログを書けなくなる。ブログを書くという行為は存在しないであろう誰かとの共同作業である。言うまでもなく、このブログの全ても一人の力で書かれたものではない。存在しない誰かとの共同作業である。そして僕はその存在を信じている。いや、それは確かに存在していたのだ。過ぎ去った遠い過去においては。もう居ない。僕はブログを書き得ない。