未来とはなんであろうか。

時間を浪費する事にかけては誰よりもうまい。何かをしたかったはずだけれど、たとえばそれが何であったかを思い出せたとしても、動機は存在しない。肘は膝を貫いて床に落ち、常に眠い。目を見開いて表情を作り未来を探す。未来とはなんであろうか。