2015年6月25日木曜日

未来とはなんであろうか。

時間を浪費する事にかけては誰よりもうまい。何かをしたかったはずだけれど、たとえばそれが何であったかを思い出せたとしても、動機は存在しない。肘は膝を貫いて床に落ち、常に眠い。目を見開いて表情を作り未来を探す。未来とはなんであろうか。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。