2016年1月20日水曜日

首から上

明日から頑張ろうと自らに強く言い聞かせて眠れば、待ち望んだ明日が完璧な形で訪れたものの頭が痛い。どんな言い訳もしないで一日を過ごそうと昨日誓った内容は、緩い頭痛に飛ばされて、これは僕の問題ではない、頭が痛いという問題なのだとまるで人ごと。首から上が存在せねば、もっとうまく生きられたんだ。僕の未来の一日を阻んだのはまたしても、自ら自信の首から上。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。