2016年9月12日月曜日

またもや夜が明ける。

明けない夜はないという言葉は一般的に希望を意味する言い回しらしいけれど、夜なんて明けなければいいと思う。誰かにとっての希望は、誰かにとっての絶望。夜なんて明けなければいいのに。このままずっと夜ならばいいのに。またもや夜は明ける。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。