またもや夜が明ける。

明けない夜はないという言葉は一般的に希望を意味する言い回しらしいけれど、夜なんて明けなければいいと思う。誰かにとっての希望は、誰かにとっての絶望。夜なんて明けなければいいのに。このままずっと夜ならばいいのに。またもや夜は明ける。