ブログの書き方がわかりません。ブログの書き方教えてください。



ブログの書き方教えてください。
ブログの書き方がわかりません。
書いても、書いても、ブログにならないんです。
正直な話、もう僕の力ではどないしようもないです。

ちゃんと眠って体力が戻ればとか、頭皮が燃える頭痛が飛べばとか、そういう風に言い訳ばかり探している自分が嫌で、嫌で、物凄く嫌で、不退転の決意で懸命に懸命に書いているんですが、書いても、書いても、ブログにならないんです。

わたしはどりょくしているよ、というふりをしているだけなんじゃないかと、自分自身にあらぬ嫌疑をかけられて、どこを探しても味方はおらず、なんとかしてその疑いを晴らそうと、ブログを書いているのですが、書いても、書いても、ブログにならないんです。

ブログなんてものは、思ったことを、気楽に適当に、あるいは素直に為すがままに、書けばいいのではないか、と世の人は言いますが、自分が何を思っているのかさっぱりわからないんです。自分が何を考え、何を望み、何に一縷の希望を抱いているのかすらも、僕にはわからないんです。

200点満点のテストで、「頬を赤らめた、歯がボロボロの、ウォッカの瓶を片手に、バスストップから南西に向かって歩いている薬の売人らしき男がいます。さあ、彼は何を考えているでしょうか?配点5点。」という問題があったら、「この問いは捨てよう。」「後回しにしよう。」と考えるのがノウハウというものでしょう。

後回しにしても、後回しにしても、どれだけ後回しにしてみても、頬を赤らめた、歯がボロボロの、ウォッカの瓶を手に持った、得体の知れない犯罪の臭いのする男が、次から次へとやってくるのです。違いがあるとすれば、ウォッカの小瓶を右手に持っているか、左手に持っているか、あるいは小脇に抱えているか、その程度。みんな同じに見えてしまいます。書いても、書いても、僕には、何を考えているのかがわからないんです。想像も付かないんです。

1日に2つのエントリーを書きたい、書きたいと思っており、そのくらいは書けそうな気がするので、怪しい男に恐れを成して目を合わせないようにしてそれを一人やり過ごす度に、僕の5点は失われ、10日で100点、20日で200点。40人全員が、薬で幸せ手に入れた、得体の知れないチンピラでした。目の焦点は合ってません。

呼吸を一つする度に、僕の回りを取り囲んだ彼らは、じりり、じりりと力士のように、靴底擦らせて歩くんです。ブログを、書け、書け、と歩くんです。さあ、何を考えている、さあ、何を考えている、おまえは俺達の、いったい何をブログに書くんだ、と、キャンプファイヤの童のように、輪になり笑顔で踊るんです。僕の周りを回るんです。

僕はブログが書きたくて、書きたくて、ただの1つでいいから、とにかく、どんなものでもブログが書きたくて、もう何週間も、何ヶ月も、ずっと書いているのですが、1つもブログが書けないんです。もう、他には何も要りません。何も望んだりしません。欲張りは言いません。他には何も要りません。ブログが書きたいです。書いても、書いても、ブログか書けないんです。

僕からブログを取ったら一体何が残るんですか。僕にはブログしか無いんです。最初から僕にはブログしか無かったし、最後まで僕にはブログしかないんです。正直な話、もう僕の力ではどないしようもないです。書いても、書いても、ブログにならないんです。ブログの書き方がわかりません。ブログの書き方教えてください。