2008年10月14日火曜日

こんばんはなら、夜なのだ。



自分に自信が無くて、自分の判断に自信が持てない。不安で、不安で、おどおどしている。何を正しいと思うのかすらも、自分で決める事が出来ない。暗くなっては日食を疑い、明るくなっては雷を疑う。「こんばんは」の声が遠くに聞こえて、やっとのことで夜が来る。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。