2008年12月16日火曜日

情けなさ。



nasakenai.png

たとえばこういう光景を見ると、情けなさを感じるのだけれど、それは決して何かに対して情けなさを感じているのではなく、「情けなさを感じたい状態」に僕がある僕が、何かを見た際にただ、肘の裏や膝の上を打たれたのと同じように条件反射で情けない、と思っているにすぎない。この「情けなさを感じたい状態」が取り払われる事は一生涯無いのではないかと思う。もちろん、僕は決して情けなさを感じたいわけではない。そんなもの、感じたいはずがない。立派に生きたかった。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。