2008年12月30日火曜日

眠る勇気がない。



気がついたら体調も良くなって指の霜焼けくらいしかさしたる悩みの無い身分なのに、眠る勇気がない。眠たくて、眠たくて、頭が下へと落ちて行くのに、横になって眠る気が起きない。たとえばもしも今すぐにでも眠ってみたところで、そこに待っているのは明日でしかない。そんなものをは欲しては居ない。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。