三ヶ月、三年、三十年。



目の前にボタンが3つあるとして、それぞれが三ヶ月前に戻るボタン、三年前に戻るボタン、三十年前に戻るボタンだったならば、僕は果たしてどのボタンを押し下げるのだろうかと、考えていた。

三年前、というのは非常に現実的な過ぎ去った日だ。あの頃の僕は、まだ、人間になりたいという、今では失われてしまった葛藤を抱えていた。そんなくだらない葛藤が、何かの役に立つというわけではないし、たとえば三年前に戻ってみたところで、また同じように僕はその葛藤を時間と共に失うだろう。けれども、もしも三年前に戻れるならば、僕はその、人間になりたいという葛藤を、再び手にする事が出来る。それは、どのボタンをも押し下げない事と比較すれば天と地の、十分な事のように思える。

三十年前、というのは、非常に現実的な数字だ。三十年あれば、僕は真性引き篭りhankakueisuuである事を避けられるばかりか、僕という人間そのものすらをも綺麗さっぱり忘れる事が出来る。その魅力は、抗いがたい。『今日まで生きてきて、良い事なんて一つもなかった』という文言すらもが嘘になってしまうこの日常は、まったくもって心苦しい。

三ヶ月前に戻っても仕方がない。少なくとも僕は自らの想像しうる成し得る範囲でそれなりに精一杯生きてきたわけで、三ヶ月前に戻った所で精々同じようにうらぶれて行くだけだろう。問題は僕が何をしたか、あるいは僕に何か出来たかではなく、そもそもが僕であったのが間違いなのだ。

では、明日一日を生きる為のボタンが目の前にあるとして、果たして僕はそれを押すだろうか、それとも押さぬだろうかと、三ヶ月三年三十年よりもくだらぬ事を考えていたらお腹が空いたので、海苔と卵とご飯を食べた。食べたら食べたで。