2009年1月24日土曜日

眠れない。甘えである。



眠れない。甘えである。眠れない理由はおおよそ、解っている。17時間眠って、4時間起きて、また再び眠ろうとしている事自体が、無謀なのである。けれども、起きていても良いことは何一つない。それに寒い。あまりに寒い。この人生にこの寒さでは、眠ろうとするのは自然な事である。けれども、眠れない。眠ろうとすればするほどに、頭が冴える。冴える頭で眠ろうとするとその無理故に痛くなる。けれども、頭痛がなんだ。それがどうした。僕にはもう眠るくらいしかする事が無いのだ。だがしかし眠れない。

なぜ人生はこんなにもつまらないのか。

たのしいことがない。何をやっても楽しくない。確かあれをすれば楽しかったはずだと懸命に過去の記憶を辿って、むかしは楽しかった事を一生懸命こなそうとしても、ぜんぜんたのしくない。思い切りが足りないんだとか、やる気が足りないんだとか、自分を励ましてたのしそうなことをしてみても、ぜんぜん...