2009年2月22日日曜日

夜が遠い。



もっと真剣にもっと真面目にもっと誠実に人生というものを、そうでなければ日曜日というものを感じ取り考え、見つめねばならぬと思えば思うほど逃げ出したくなり、逃れたくなり、どうにか誤魔化して今日一日をやり過ごせればそれでいいと、弱気な心に飲み込まれ、雀の鳴く声が聞こえぬように耳をふさぎ、真剣さとも誠実さとも程遠い恐怖に腰掛け怯える一人だけ残った。日はまだ高い。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。