だめだろう。もうだめだろう。



正直に言うとブログなんて二度と書きたくない。正直に言うとブログを書きたくて仕方がない。ほつれた正直さをほどいて正直さと正直さに丁寧に分けて見つめてみればこのぬかるみからどこかへ行けるのではないかと思うけれど、気概無くハァハァと息を吐いては寝たり寝転んだりを繰り返す毎日。いや、わからない。まだわからない。