2010年3月30日火曜日

真性引き篭もり : しんどい。

あのmouzの出な上に、これまでのシーンへの貢献度が貢献度だっただけに、kurokyにも勝たせてあげたかった。中盤から終盤まで常にワードが2倍の相手に勝てというのが無理な感じ。1ラウンド目は完全に2前、2中、1後の古いファナティックのやり方で負けたけれど、2ラウンド3ラウンドは完全に(pickこそ違えど)「sgtyスタイル」と呼んで差し支えのない内容だった。まあ「チームメイトが足を引っ張って負ける」というのは、lodaの半生そのものだったわけで、「傷心旅行にしか見えなかった中国遠征」からモチベ回復して、この勝ち方は感服するしか。

2ゲーム目、完全な優位を手にしていたはずの18minから40minまで、チームとして良い所が1つも無かったのは本当に痛い。puppeyのpingの打ち方も痛々しいばかりで貫禄の1つも無かった。やはり、せめてsfにsoulさえあればdagger bkb ultで当座は凌げたのに。一番肝心な時にsoulが無いとどうしようもない。

つらいことなんてなにもない。

脳味噌が死んでしまえば、つらいことなんてなにもないので、つらいなあと思ったならば、加速的速やかに脳味噌を殺すといいです。まぬけなブログの投稿欄にまぬけなエントリーを書き込んで、まぬけに投稿ボタンを押せば、脳味噌は簡単に死にます。つらいことなんてなにもないです。こんな人生に、脳味噌...