真性引き篭もり : つまんないよね馴れ合いなんて。

つまんないよね。デーモンとかフィアーとか何時の名前だよまったく。時計の針を逆に回してどうすんの。当時から改善されてるならまだしも改悪されてるだけで夢も希望もないし。メリーニなんてクリープが群れてる辺り目掛けて目を$にしてアタックムーブしては、狼が来たーって逃げ回ってるだけじゃん。プッペイが神なのは理解出来るけどそれ以外は、本当に残念な面子。パジャキャットにしたって、指向的には虫なんだろうってのは見て取れるけれど二線級相手にたまに俺ツエエ出来る程度でガチじゃまだ使えない。たーだの馴れ合いじゃん。言い出しっぺの張本人が勇気と無謀をはき違えたソロスタートで結果を出してるのを見るとブログゴッド(奇跡のDOTA神話)さんはBP53万なんだなあ、と感服するばかりだけれど上位相手に同じ事したら爆死は必至。もちろん、手の内隠すために1敗するまでは舐めプレイです、ってのはよくわかるけれどその隠している手の内ってのがどれ程のものかが疑わしい。だって、とどのつまり馴れ合いじゃん。ブログゴッドさんは英語が出来るチームメイトが欲しかっただけじゃん。何よりドナルドドリームチームがリーダー以外ドリームすぎる。リーダー以外は。なんか、何を血迷ったか判らないけれど小梅のリハビリとか言い訳しながらこんなテキストを書いてしまったけれど、どうしようか、とりあえず非公開で投稿しておこう(非公開で投稿すると、何かの拍子に全て失われるという事を学習すべき)。改めて気がついたけれどブログ書くのって超大変。大労働。一杯キーボード叩かなければいけなくて、凄く時間が掛かる。心や感情や思考はどんどん先へ先へと進んでいるのに、タイピングの速度は凄くのろくて、「まだそんなとこ書いてるのか」と途中で萎えてしまうんだよね。だから、心の中で頭の中で全ての感情と流れと思考を組み立て終えてからじゃないと、ブログを書こうって構えには慣れず、白紙の画面を見つめては「今書きはじめても、どうせ途中で萎え落ちしてしまうんじゃないか」って怖くて、恐ろしくて、勇気が無くて何も書けない。いつからそんなに臆病になっちゃったんだろうね。ああそうか最初から臆病で逃げてばかりだからこんな人生なんだね。そうだよ。ドタシーンをガチで見ていていつも思うのは、ドタシーンを-cmで遊びたい。banは820、puppey、furice、angle。ファーストピックでangle取れるならhyhyをban。いきなりkuro tofuとかpickされて詰みそうな気もするけれど、そこら辺は相手がbanしてくれる事を信じて。でも意志の疎通を考えると結局は全員中国人か、全員英語圏か、全員ドリームハック圏か、全員ロシア人になっちゃうか。そう考えると、ニルヴァーナの方向性は正しいんだな、って事が理解出来てしまい、ブログゴッドさんの馴れ合いチームが馴れ合いではなくガチ面子に見えてくるからブログゴッドさんは凄い。ブログタイトルを変更する奴は糞とかいう古のポリシー(もしくは偏見)が存在していなかったならば、ブログタイトルをザ・フェイクビジョンに変更していたかも知れないくらい心酔しちゃったりするよね。ブログゴッドさんのかっこよさはかっこよさというより透き通った泥臭さ。蓮根のように美しい。もう一つスウェーデン語とデンマーク語の差異がどのくらいきついのかはわからないけれど、遂に合体を果たしたangleとlodaの方にロマンを感じてしまうな。angleさんにはそろそろ大きな物を取らしてあげたい。随分前から欧州一の主戦型チームプレイヤーはangleだったと思うんだけどな。ミニマップを見る事と空気を読むことにかけては間違い無く欧州随一。lodaがガンアクティブじゃないからプレイするかどうかはわからないけれど、DDTはリーダー以外切るプレイヤーがいないからモチベ維持が難しそうだね。なんかHeroes of Newerthが金出すからプレイしてくれとか来てるらしいし。っつーかSG2 gamesはマジで糞だな。「口コミマーケティング」とか言って他ゲーパクって糞ゲー作って元ネタのアイコンプレイヤーに札束(束に非ず)ちらつかせてプレイのお願いにあがりましたとか本当に、死んでください以外の感想が無い。今回のF4Fでもしも万が一にもMYMが勝っちゃったりしたら間違い無く大暴動に発展して地球は滅びる。破滅だよ。