2010年3月19日金曜日

真性引き篭もり : 寝ても覚めても。

同じような情熱が、同じような気持ちが、寝ても覚めても続く。頑張らなければ、頑張らなければ、そう思っては焦る。2時間眠って目が覚めて、どうしようもない、どうしようもないと言い訳をして逃げてはまた再び無理矢理に眠る。この気持ちを何かに活かせはしないだろうかと思うけれども名案浮かばず、寝ても覚めても、寝ても覚めても。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。