2010年3月19日金曜日

真性引き篭もり : 寝ても覚めても。

同じような情熱が、同じような気持ちが、寝ても覚めても続く。頑張らなければ、頑張らなければ、そう思っては焦る。2時間眠って目が覚めて、どうしようもない、どうしようもないと言い訳をして逃げてはまた再び無理矢理に眠る。この気持ちを何かに活かせはしないだろうかと思うけれども名案浮かばず、寝ても覚めても、寝ても覚めても。

なぜ人生はこんなにもつまらないのか。

たのしいことがない。何をやっても楽しくない。確かあれをすれば楽しかったはずだと懸命に過去の記憶を辿って、むかしは楽しかった事を一生懸命こなそうとしても、ぜんぜんたのしくない。思い切りが足りないんだとか、やる気が足りないんだとか、自分を励ましてたのしそうなことをしてみても、ぜんぜん...