真性引き篭もり : 目が覚める。叱責する。それが間違いだ。

「明日から頑張ろう」と決意する。準備をする。希望を抱く。
当然の流れだ。


眠る。目が覚める。何も出来ない。
当然の流れだ。




当然のことなんだから、自らを叱責するのはやめよう。自らに失望するのはやめよう。今日だけは責めないでおこう。行うべきは、自己嫌悪を募らせることではない。またぞろ逃げて、DOTA allstarsなんてちゃんちゃらおかしい。1ドットでも、前へ進むんだ。1ドットでも滑るんだ。たとえ1ドットも進めなくても、前進するんだ。目指すんだ。昨日そう決めたんだから。昨日だけじゃなく、その前の日も、前の日も。その前の日も。前の日も、そう決めたんだ。ブログを書こうって。ずっと、ずっと、そう決めたんだ。




「そちらには何も無い」
知ってるよ。そんなの。わかってるよ。

「そんな事しても何にもならない。」
知ってるよ。そんなの。わかってるよ。




もうどうにもならない。
どうにかなる事を望んではいない。
そしてなによりも、何かを望む自分なんて、絶対に手に入れたくない。




自分を変えたいわけじゃないんだ。
何かを成し遂げたいわけじゃないんだ。
充実感や幸せを欲しているわけじゃないんだ。




僕はただ、ブログが書きたいんだ。
今更書いても読む人はいない。
だからなんだっていうんだ。




そんなものは、逃げ口上に過ぎない。堕落して、ゲームして、楽をしたいだけの言い訳に過ぎない。都合良く誰かを利用するのは、いい加減やめるべきなんだ。どうあれ僕は不幸にも、まだこの人生を生きているんだから。思い出すんだ。根本を。読まれたいんじゃなくて、書きたいんだって事を。とにかくブログというものを、書いてみようと、かき立てられた遠い日のことを。




目が覚めた。
もう疲れた。
今日できることは何も無い。

それでも僕は諦めない。投げ出さない。過剰な期待も、妄想も止める。もう一度眠って、目が覚めれば、当たり前のようにブログを書けるだろうなんて思わない。1ドットしか進めなくても、1ドットすら進めなくても、僕はそれを諦めないんだ。ブログを書いて、ブログを書いて、ブログを書く。それ以外何も望まない。それ以外何も必要無い。とにかく今日は君を責めない。なぜならば僕は何時の日か、必ずやブログを書きたいんだ。