2010年7月12日月曜日

真性引き篭もり : 卑しい夢。

タコとサーモンの寿司を食べた。あまりにもおいしいので、右手で大きな丸皿を囲って左手で醤油をじゃぶじゃぶつけて、ぱくぱく食べ続けた。夢の中でも僕は変わらず卑しかった。ここ一年で食べたものの中では、間違い無く一番においしかった。タコとサーモンの寿司が食べたい。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。