寒い。

寒さに叩き起こされて5時間。はるか彼方の夏を探してインターネットを彷徨った。握り拳を両目に突き立て、真っ暗闇を見つけてみても、望む結果は導かれない。何を望んでそうしたのかすら、自分にはもう理解が出来ない。寒い。眠い。無気力に覆われていく。