元SK対元SKは元SKの勝利。

D2EはNaViがエントリーしていない大会なので、Lodaかミゲルアンゲルのどちらかが絶対に優勝しなければならない大会であり、この準決勝が事実上の決勝戦。その明暗を分けたのはpickerの差だった。最強のツーマンチームとして、所詮はツーマンチームという苦しさをpickで凌いでアップセットを起こし続けた経験を持つミゲルアンゲルと、無敵期とモチベーションクライシス期のどちらかしか経験の無いLodaとでは、戦前構築力、pick能力が違いすぎた。1-1で迎えた3ゲーム目はミゲルアンゲル待望の新戦力であるmaniaのtideが2度の決戦を完璧にハンドリングして詰めろをかけると、最後通牒を突き付けられたLodaのfvは、最終決戦で誰も居ない空間に向けて必殺のChronoを撃ち放ち終了。今のLodaはNaViやミゲルアンゲルから綺麗に1本取れる強さはある。問題はここから先か。心情的に中立で見ていたけれど、気がついたらミゲルアンゲル側視点で見ていたので、とりあえずグッドエンディング。なお、SK gamingはdota2発売を前にしてdota2から撤退wwwシーンに漂う場末感www