2012年3月27日火曜日

その先、もう少し。

馬鹿になりたいと馬鹿が言う。賢くなりたいと馬鹿が言う。同時にほしがる馬鹿が居る。望むものが大きすぎて、乳酸だけが溜まってゆく。何も知りたくない。何も理解したくない。常に疲れ果てていたい。疲れるだけでは憎しみばかり。もっと、その先、もう少し。

なぜ人生はこんなにもつまらないのか。

たのしいことがない。何をやっても楽しくない。確かあれをすれば楽しかったはずだと懸命に過去の記憶を辿って、むかしは楽しかった事を一生懸命こなそうとしても、ぜんぜんたのしくない。思い切りが足りないんだとか、やる気が足りないんだとか、自分を励ましてたのしそうなことをしてみても、ぜんぜん...