モーニングコール。

ブログの投稿画面の上下に並んだ「ゲームばかりしていたらだめだよと架空の人物(自分)に言われた」という文章と「ゲームばかりしていたらだめだよと自分(架空の人物)に言われた」という文章を見比べて、どちらも少し違う気がして、頬杖ついて低く唸る。些細な心の浮き沈みすら、もうこの十指は書いてはくれない。どんな一語にもケチつけて、朝夕構わず逃げ回る。それを眺めてもう僕は、なんだかよくわからないし、酷く眠たいし、内臓の調子はよくないし、ゲームばかりしていたし。日本語が全く書けなくなるくらい、ゲームばかりして、何一つ恥じるべき事の無い人生の中で唯一それをとても後ろめたく思い、仕方なく、久しぶりにネットサーフィンをした。得られたものは何も無かった。望む何かが見つからなかったからといって、インターネットを罵るのはやめよう。見つかる物だけを欲して望もう。手に入るものだけを夢見よう。