気力体力が尽きる時間

寝て起きてから2時間半弱。
寝て起きて何か食べれば3時間弱。

寝て起きて、のハードルが高い。起きていると眠る気力が無くなるし、寝ていると起きる気力がなくなる。よって、起きている時間も、寝ている時間も、ともに膨張し続ける。その煽りを受けて"寝て起きてからの2時間半"は減少し続ける。寝て起きて、と言ってもどのような"寝て起きて"でもいいわけではなく、ある程度綺麗に"寝て起きて"しなければならない。

23時間起きて3時間寝ました、さあこれが待望の"寝て起きて"ですよ!と言われても、どだい無理。そこからさらに11時間横になって、今度こそ本当の"寝て起きて"ですよ!と言われてもだるくて生きる気力がしない上に散発的なプチ頭痛。

単純に"寝て起きて"が減少し続けているだけではなく、"寝て起きて"自体のクオリティも低下し続けている。睡眠の質が低いのが原因ではなくて、起きている時間の質が低いのが諸悪の根源。そこをよくすればとは思うけれど、それが不可能である事くらいよく理解している。ボタンを押せばきっかり1時間眠れる機械とかあればいいのに。5時間も6時間も眠ったりとか、時間の無駄だ。時間の無駄という単語をタイピングしていると、違和感が騒めいてとてもうるさい。いいこと、ないな。