2012年5月22日火曜日

遅すぎるということはない。

とても眠たいし、もの凄く眠い。
それが今すぐに眠る理由になるかというとならない。
もう嫌だ。ブログは嫌だ。インターネットは嫌だ。
ここには微塵の安らぎもない。夢も希望もない。
じゃあ何があるのかというと、眠らない理由がある。
気が狂うまで起きていられる。
あー、はやく。
はやく。

眠るのに遅すぎるということはない。
だからと言って、眠る理由にはならない。
何かをやめるのに遅すぎるということはない。
他のものを選択するのに遅すぎるということはない。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。