2012年7月12日木曜日

死んでしまえ。

起きたよ。朝が来て、目が覚めて、それだけ。 嫌な夢を見て、目が覚めて、また寝てを繰り返して。 残されていたほんの僅かな小さな小さな希望が全て消えた夜だった。 自分の心に近づきたくない。 遠く離れて生きていたい。 目覚めてからの15分で、ブログを5行書いて、嫌な夢を幾つか思い出して、あるいは忘れてしまって、未だ滅びずに潜んでいた純真さのようなものに恐れを成して、自らの心に対して死んでしまえ、死んでしまえと呪いの言葉で殴りかかる。暑い、暑い。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。