2012年11月9日金曜日

また眠たさで目が覚める。

憎悪と恐怖で目が覚める。もう何年もずっとそうだったはずだけれど、あまりのことに記憶も消えてゆく。ただ1日だけ安らかに過ごせればいいと願うばかりで1日は来ない。目は乾いて眠たい。脳味噌が薄れてゆく。人の心があったはずの場所には得体の知れない何かがある。こんな人は嫌だ、こんな人は嫌だ。また眠たさで目が覚める。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。