肉、ビーフ、ミート。

肉、ビーフ、ミート、どれが一番おいしいのかなと胸をときめかせた幽霊のような日の出から続く長年の論争を終わらせたのは、器半分の冷めた白粥であった。