2013年8月16日金曜日

俺の人生がわりとempty

時々頭の中に変なフレーズが浮かぶことってあるじゃないですか。俺の人生が割とemptyとか。でもemptyなんて言われても意味が分からない。意味が分からないので調べてみるとからっぽですって。違うなあ、僕の思ってたemptyと違う。だってこの人生空っぽじゃないから。空っぽだったら自由に生きられるし、空っぽだったら人生を謳歌できるけれど、残念ながら空っぽじゃない。中身が漏れてどろどろと辺りにへばりつき、中身が飛び出してぐさぐさとあたりに楔。こぼれてこぼれていつかは中身がなくなったらばEmptyだけど、人の心は無限大なので捨てても捨てても湧いてくる。残念ながら有機物の残念ながら人の子で、それが全ての忌々しいはじまり。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。