kyxy juz crazy


never making the big playsとか書かれ、コメンテーターや実況解説にもモブ扱いされてその存在すら無視されてた人が4 man ultからの5 man ultでゲームを決めて「5man ult after the 4 man, kyxy juz crazy」とか言われてるのを聞くと泣きそう。ただ、この10人の中で好きなプレイヤーはdaiとバーニングなので、せつないという意味でも泣きそう。バーニングこれで引退なのかなー。



全員が頑張ったorangeに対して、誰よりも酷かったのはrotkのエニグマ。エニグマpickしてncの回り方知らないってないよ。流石にないよ。賞金額考えようよ。lv6入りが8分って、100回やれば100回全て僕の方が速い。これだけ賞金が違う大会なんだから、pickするなら練習しようよ。あなたプロでしょう。プロが練習してないのを使おうとして使えませんでしたってひどいよ。練習したものをpickしようよ……。というか、チームにエニグマプレイヤー居るのに何故rotkがエニグマ?なんで?

 奇跡の逆転負け喰らって消えたiGは酷い所も多かったけれど、大会期間中にfixされた部分も含めて頑張って仕上げようとしてたのが見て取れたし、orangeの開幕フリオンwarpワードは、ワードの位置やパターンも含めてきっちりと大舞台に向けて仕上げた感があって良かった。LGDは戦略のLGDらしく、1戦略を信じて実行し続けた結果、mag+alcと心中して消えた。tongfuはhaoに若干の慢心があったように見えたのは残念だったけれど、kingjの使い方を工夫していた。naviはfun1がうまく収っていないという問題に決定的な解決策を見いだせていないのが気に掛かるけれど、仕上げて信じたハメ手のhockでhaoを止めて逆転勝ちした。



いっぽうDKは最後の最後、負けたら終わりのノックアウトラウンドでlv6入り8分、BKB22分のエニグマ。バーニングさん、エニグマpickするなら、エニグマ使える人に担当させようよ……。dota2はdota allstarsと違って操作シェアして序盤だけ入れ替えるって出来なかったっけ?もしもQQQのブラックホールに不安があったのでチーム内序列が上のrotkをエニグマに乗せたというのならば、開始前に急いでncの回り方を教えてあげるくらいは出来たはず。再びこういのを見てしまうと、DKはコミニケーションに問題を抱えてるように思えます。